ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『NEWS23』で復帰報道の雨宮塔子 TBSの起死回生なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、TBSに17年ぶりに復帰すると噂の雨宮塔子待望論を展開。

 * * *
 元TBSアナウンサーで現在フリーの雨宮塔子が“古巣”の報道番組『NEWS23』でキャスターを務めるという報道があった。

『NEWS23』といえば、元NHKアナウンサーの膳場貴子が長年メインキャスターをつとめていたが、彼女の産休で“降板”報道が出て、膳場本人がそれを否定。マタハラ騒動になりかねなかったことは記憶に新しい。

 その後、キャスターを巡っての騒動がもう一つあった。今年4月から同局の小林悠アナがメインキャスターとして加入予定だったのだが、小林アナは同3月、体調不良を理由に突然退社してしまったのだ。『NEWS23』のキャスターを担当するのが夢だったとも聞いていたし、同局としては、やっと自局のアナウンサーをメインに据えられる=経費の削減にもなる=と喜んでいたのだが…。

 果たして、代わりに駒田健吾アナと皆川玲奈アナがサポートメンバーとして加わることとなったが、2人揃っても小林アナの華やかさと実力をカバーするまでには至らなかった。

 小林悠は、お茶ノ水女子大卒の才媛で、在学中から、あのセント・フォースに所属。タレント活動をしていた。

 TBS入社後は、『朝ズバッ』で、みのもんたに鍛えられ、その後は、『Nスタ』にもレギュラー出演。同社の“報道の顔”となりつつあったうえ、おじさまウケするルックスは、『NEWS23』にはピッタリだったと思われた。なのに突然の退社。同局ではその頃から、後任探しをしていたと思われる。

 というのも、現在、『NEWS23』のメインは元朝日新聞社特別編集委員の星浩氏が務めているのだが、ライバル局の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に比べると視聴率が半分ほどの4〜5%台で推移(ビデオリサーチ・関東地区)。そこで、高い知名度と実力、さらに40代、50代の視聴者に高い人気の雨宮塔子に白羽の矢が立ったというワケだ。

 通常なら10月の改変期からの登板だが、前倒しされる可能性も出てきているという。実現すれば、雨宮の同局出演は、実に17年ぶりだそうだ。

 実は2か月ほど前、同局の別枠の企画ミーティングで「雨宮塔子」の名前を聞いた。ある男性スタッフから「TBSを辞めた女子アナで、三雲孝江さんよりもう少し若い人で、山田さんがいいと思う人って誰ですか?」と聞かれたのである。

 彼が求めているタイプは「三雲さん」で、よ〜くわかった。現在、『ひるおび』でコメンテーターをつとめている三雲さんは、同局の人気アナウンサーだった。同期は吉川美代子さんと浅井栄子さん。吉川さんはラジオや報道番組からオファーがあり、浅井さんはお昼の帯番組で愛川欽也に面白がられた。

 三雲さんは最初は同期でもっとも売れていなかったのだが、『3時に会いましょう』や『ジャスト』などの午後ワイドにより主婦のハートを掴んだ。知的であり、ちょっとミーハーでもあって、セレブ感もあって、コンサバで…。昔もいまも、主婦ウケが抜群なのである。

 オジサマ人気も高く、夕方のニュースがあの小林麻耶になるとき、「前任の三雲さんはM3(50歳以上の男性)の数字をももっていたのに、それが麻耶ちゃんに代わっちゃったら、3層(F=女性も含む)は他局に流れてしまうだろう」と多くの局員が心配していた。結果はそのとおりで、人気バラエティー番組の枠移動をして小林麻耶のニュースをスタートしたTBSは、それから暗黒時代ともいうべき視聴率の低迷期間が続いたものである。

 そんな“三雲さんのようなOG”と言われて、正直、私は「雨宮塔子」の名前は浮かばなかった。タイプがもっとも近いのはわかる。だが、彼女はパリ在住だ。人気パティシエの青木定治氏と離婚後もパリで二人のお子さんを懸命に育てているのを知っていたからである。

 もともと彼女は、結婚してパリに行ったのではない。TBS退社後、遊学のためパリに渡り、その後、青木氏と知り合い結婚したのである。

 彼女のパリ・ライフはセレブな女性誌でたびたび取り上げられた。長身で、モード系の服もコンサバ系の服もよく似合った雨宮塔子は、ファッションモデルのように誌面に登場していたものだ。

 似たタイプに、元フジテレビの中村江里子アナがいた。彼女は夫もファッション関係だったこともあり、雨宮塔子よりはアパレル寄りだった。しかし、雨宮塔子はそこに文化の香りがただよっており、しかも夫は新進気鋭の人気パティシエだった。

 同じくパリで当時、結婚生活を送っていた中山美穂が、『パティスリー・サダハルアオキ・パリ』でケーキを買っている…といったエピソードが聞かれたこともある。TBSの人気アナウンサーだった雨宮塔子の知名度が、日本での夫の知名度をアップさせたことは間違いないだろう。

 そんな彼女のパリでの日常は、セレブな女性誌から特に持てはやされたし、好きな美術への知識を活かしたスペシャル番組のナビゲーターとしての仕事は、キャスターとしての彼女の“お値段”を上昇させたものである。

 とにかく同年代の女性読者や視聴者からの好感度は抜群で、オシャレ度もインテリ度も、三雲さんよりさらに洗練されていたのは確か。

「そりゃあ、塔子ちゃんなら最高ですけれど、パリに居るんですよね?  お子さんの学校のこともあるから、東京でレギュラー番組をもつことはできないんじゃないですか?」と私はその男性スタッフに問うてみた。

 彼もその事情は重々承知していたが、同年代のテレビマンや、彼の周りの同世代の女性たちにリサーチしたところ、「雨宮の好感度って、いまも抜群だということがわかったんです」とのこと。

「余談ですが…」と彼が続けたことには、「みんな、青木定治さんのこと、怒ってましたね〜。もう買わないって言ってる女性たちも多かった」と…。青木氏が雨宮塔子と離婚後、わずか半年で再婚したこと。さらに、結婚パーティーの画像がネットで簡単に検索できてしまうことなどを、雨宮塔子のシンパたちは、快く思っていないそうである。

 さらに余談だが、現在の奥様は、地方百貨店の辣腕広報ウーマンで、同店に『サダハル・アオキ』が出店することにも尽力したのだとか。「彼は自分の知名度を上げてくれる女性に弱いのかもしれない」という声もあったと聞く。

 そんな雨宮の“境遇”に、いまの高島礼子ではないが、「応援してます!」「頑張って!」とエールを送っているファンは多いハズ。さらに、『どうぶつ奇想天外!』で共演していたみのもんたや、『チューボーですよ!』の堺正章ら、雨宮塔子を愛してやまない大物芸能人も多いのである。

 彼女がTBSの局アナだったとき、2クールだけだったが、彼女とラジオ番組で共演させてもらっていたことがある。パナソニック一社提供の『キレイ二ナロウ!』だ。真面目で知的な人で、ラジオも合っているなという印象があるが、バラエティーでの元気で明るい印象とはやや異なり、陰を感じることも私にはあった。

 TBSでは、「他局を辞めたアナウンサーを最初に使うのがウチ」と、よくアナウンサーたちがボヤいている。いまも朝は日本テレビ出身の夏目三久が仕切るし、『NEWS23』は長年、NHK出身の膳場貴子が。あの『世界陸上』もフジテレビ出身の中井美穂がずっと契約を更新している。そして『白熱ライブビビット』のナレーションはフジテレビ出身の近藤サトだ。

「ウチの上層部は自局のアナウンサーを信用していない」と、おかんむりだったアラフィフのアナウンサーも知っているが、そんなTBSに、やっとTBS出身の大物、雨宮塔子が戻ってくる。

 離婚以外にも辛い経験を積んできた彼女がどんなふうにニュースを伝えてくれるのか。私はおおいに期待をしている。

 塔子ちゃん、おかえりなさい。“古巣”も、ファンのみなさんも、貴女の本格復帰を待っている。

【関連記事】
TBS出身の女子アナ 成功のキーワードは「お嫁さんフリー」
青木裕子、有働由美子らぶっちゃけキャラが女子アナトレンド
退社女子アナの最新トレンドは海外移住 大坪、竹内、龍円他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。