ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AIの秘書つき?ロールスロイスの無人運転車が、もはや高級ラウンジ・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数々の逸話をもつカーブランド。先日、自動運転船舶のコンセプトが話題になりましたが、自動運転車両のコンセプトデザインにもビックリ。とにかく画像を見てみて下さい。

ロンドンでお披露目されたロールスロイス『103EX』のコンセプトは「VISION NEXT 100」。

タイヤはほとんど見えないものの、ロールスロイス伝統のフェンダーや、グリルデザインを活かして重厚感が演出されています。

人工知能「エレノア」が運転手兼秘書。

車内は運転席やハンドルがないため、広々としています。ソファの生地は、まるで繭の中に浮かび上がっているような座り心地だとか。

前方には透明なOLEDスクリーン。目的地の情報や資料を表示し、もちろん映画なども。

停車時にはドアだけでなく天井もオープン。ステップの下から地面にライトが照射され、まるでレッドカーペットの上に降り立つような演出に。

スーツケース用の収納。

傘入れ。

「顧客が望みうる全てを
叶えること」

ロールスロイスのデザイン・ディレクター、Giles Taylorによると「ロールスロイスが掲げたVISION NEXT 100の最終目標は、大事な乗客が望みうるすべてを叶えること」。

360度動画で全体像が閲覧できますが、#1分40秒あたりからの乗り降りする様子には、CGながら感動を覚えますね。ぜひ。

Licensed material used with permission by BMW

関連記事リンク(外部サイト)

Facebook新機能「AIが画像を音声説明する」!目が見えない人でも、何の写真かわかる
「人工知能が考えたレシピ」で、クレープを作るカフェが登場!(東京・世田谷)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP