ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーは、「豆を◯◯」するとおいしくなる!? (研究結果)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネイチャーに掲載された研究結果によると、挽く前に冷やされた豆のほうがより深いアロマが楽しめるらしいんです。

香りや味もアップ
という結果に

これはイギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「Colonna & Smalls」が発見したもの。マイナス196度の液体窒素、ドライアイス、冷凍庫、室温と4つの温度帯に、豆を置いてから、粉にしたものを調査しました。

すると、より冷たい環境にあったものの方が、均等で細かい粒子に。大きさが一定で、しかも粉が細かいほどコーヒーから香りや味を引き出せるほか、より多く抽出できるのだそう。

同大学のwebサイトによると、研究者の1人、クリストファー・ヘンドン博士は「豆を低温にするとぎゅっと締まり、高濃度で抽出可能になる」とコメント。

「コールドビーンズコーヒー」が流行る日も近い?

Reference:University of Bath
Licensed material used with permission by Springer Nature

関連記事リンク(外部サイト)

表参道・原宿周辺カフェ5店舗で、コーヒーが無料で飲める日(各店舗1日50杯限定)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP