ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カレーときどき村田倫子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「春夏秋冬、朝昼晩カレーが食べたい!」 そんなカレー好きによる、カレー好きのための連載がスタート。持ち物は、お財布とカメラと、ほとばしるカレー愛。自他共に認める、無類のカレー好き村田倫子ちゃんが、都内のカレー屋さんを訪ねます。

第1回目は、倫子ちゃん自らの提案で、連載の皮切りにふさわしい名店、原宿神宮前のヨゴロウへ。 原宿駅から千駄ヶ谷方面へ約10分。これといって大きな看板はありませんが、ランチやディナー時には列が絶えないので、その雰囲気から「ココか!」とすぐに分かります。 レンガの建物の小さな階段を降りると、さりげなくお店の名前が記された白い扉が。スパイスの香りと異国のムードが漂う店内へ、いざ出陣。

 

オーナーの西さんと相談しつつ、メニューを吟味。
ほうれん草ベースのチキンカレーにたまごをトッピング。

野菜の旨味も十分に詰まっていて、食べやすく、どんどんスプーンが進みます。 トロッとしたたまごがマイルドな味わいにしてくれるので、辛いのが苦手な人も楽しめます。

続いてもう1品は、家ではなかなか食べられないキーマカレーをチーズトッピングで。気分によってカレーの種類が選べるのは、カレー好きにもとても嬉しい!

お肉とチーズのハーモニーに、オクラの食感が絶妙にマッチ! 本格的でありながら、日本人の口に合う風味に仕上がっていて、時々会いたくなるような味です。

西さん曰く、元々は仲間が集えるようなお店としてオープンしたとか。メニューは開店当時からほとんど変わっていないという。西さんのお人柄と、抜群に美味しいカレーはみるみる噂になり、あっという間に行列店に。人が人を呼び、より、“人が集う”お店に。

物腰が柔らかく、気さくな西さん。時折ウィットに富んだ裏話を織り交ぜながら、お店の誕生秘話やメニューの歴史についても話してくれました。

「とにかく飲食店がやりたくて、元々は釜飯屋をやろうと思って物件を決めたんですよ。でも、いざ夜来てみたら、人通りが少なくて…。昼でも気軽に食べられるものがいいかなと思って、急きょカレー屋に変えたんですよ。カレーに関しては、修行をしていたわけでもなく、全くの初心者でした」

「仲間に味見してもらいながら、今の形にありつきました。鉄鍋は、これで作って出せたら、洗い物も減るし、時短にもなるかなぁと思って。でも、いざやってみたら調理には使えなくて…。たくさん買ってしまったので、このままお皿として使おうかなと。割れなくていいですよ」

抜群の味わいに仕上げられた鉄鍋カレーと、オーナーさんの飾らないお人柄。 帰ったら、身近なあの人にすすめたくなるお店。仲良い誰かをランチに誘いたくなるお店。行列の秘密が少し分かったような気がしました。

カレーが来るのを待っている間、倫子ちゃんは言いました。
「カレーって、食べると幸せホルモンが出るんですよ」
世にも幸せなカレー日和、まだまだ続きます♡


 

 

ヨゴロウ
住所:東京都渋谷区神宮前2-20-10 小松ビル 1F
電話番号:03-3746-9914
営業時間: (月~金)11:30~16:00 18:00~20:00 (土)11:30~16:00 (定休日)日・祝日
 

【食べりんログ(倫子隊長による編集後記)】
わたしはとても嬉しいです。 日頃から口を大にして、友達に家族にモデル仲間に、時には自分が出ている媒体までにも、その愛を伝え続けたカレーの企画ができる日が来たから…!! この高まりや熱は如何にと、精一杯みなさんに、カレーの深みを伝えられるように村田倫子頑張ります。

記念すべき第1回目は、事務所からめちゃ近い…からでは勿論なく、本当に足繁く通っているお店。事務所の人達にもファンが多く、口コミから絶大な信頼を誇る、ヨゴロウさんにお邪魔しました。 私が最初に知ったのも、マネージャーさんからの激プッシュでした。 ちなみに「ヨゴロウ」という名前の由来は、店長さんのおじいさんの名前からだそうです。じ、じいちゃんの名前かっこいい…!!!

鉄鍋に熱々のまま盛りつけられたカレーは、思わずカメラを構えずにはいられません。SNS栄えも◎。鉄鍋だから、本当はいち早く食べてほしいところですが、アングルに満足いくまで写真を撮っても冷めない。素敵だ…! 肝心のお味も文句なし。ほうれん草とカレーのタッグでマイルド。だけども、ちゃんとスパイスも効いていて、深みのあるコク。辛いのが苦手な人もこれならきっと大丈夫ですよ。

なにより、個人的に注目度が高いのは店長さんの人柄。とっても謙虚で低姿勢だけど、元ライターという経歴もあり、お喋りが上手。ぜひ店長さんとの絡みにも挑戦してほしいです!(人気店のため、常にキッチンで忙しいそうですが…) 来月のカレーとの出会いも待ちどうしくてたまらないです。 では、また来月会いましょう!

出典:She magazine

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP