ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他人と夢を共有できるってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この問いかけを確かめようと調査を行っているのは、ノースセントラル大学で教鞭を振るうPatrick McNamara博士。ボストン大学で心理学の博士号を取得後、ボストンVAメディカル・センターの研究員になり、15年にわたって「夢」を調べています。

アメリカ国立衛生研究所から2つの賞を受賞した経験もある彼が、今も関心を寄せているのは、「夢の共有」。Psychology Todayに掲載された記事を紹介します。

2人で「同じ夢を見た」
という報告は数千件を超える

私が知る限り、この問いに対する科学的な調査は行われていませんが、2人の人物が同じ夢を見たという報告は数千件以上あがっています。最も多いのがセラピストとクライアントのケース。

続いて多いのが、双子。さらに親子、夫婦、兄弟、恋人のような親密な間柄でも例が上がっていますが、これは夢の共有に心の親密度が影響していることがわかります。また、見知らぬ他人同士が同じ夢を見ていたという例も稀に。

しかし、科学的な根拠がないこれらの証言を「事実」とするのは難しく、彼らがそう信じているだけの可能性もあり。同じ夢を見たという2人の証言は、詳細に食い違いがあるのです。IQや記憶力などの違いがそうさせているのかもしれません。

とはいえ、彼らがウソをついても何のメリットもない。私は彼らを信用していますが、科学的な調査が行われていないので話を鵜呑みにはできません。

「2人の人物が同じ夢を見る」。これは科学的に何を意味するのでしょう?

もし、脳が夢を生産しているならば、同じ夢を作り出す脳が2つあるいうことになります。しかし、双子の脳でさえ大きく異るので、別々の脳で同じ夢を創造するのは不可能に思えます。

では、夢が「脳の産物ではない」と仮定しましょう。そう考えると、夢が私達の前に“現れる”ものとも捉えられます。ともすれば、個人間に発生する「なんらかの共有空間」を知覚し合っているーーとも。

夢は、個人の脳よりも大きく、抽象的で純粋な形態をしており、だからこそ、その空間に同調した複数の脳へと出現できるのかもしれません。でも、それならなぜ夢として現れるのでしょうか。なぜ起きている時に現れないのでしょうか。

私の前にも、ハッキリとその姿を現してはくれず。今は、科学的な根拠がないことばかりであるからか、「夢の共有」は調査対象として扱われていない分野でもあります。しかし、だからこそ研究する価値があると思うのです。

不思議な現象を調べることって、科学にとってはとても重要なデータなんですよね。だって、もしかしたら革新的な発見があるかもしれないのですから。

Licensed material used with permission by Patrick McNamara

関連記事リンク(外部サイト)

ウソついてるかも!目線でわかる「相手の本音8つ」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP