ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そう説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画などを担当した、ポーランド出身のイラストレーター・Mateusz Urbanowiczさん。

彼がプライベートで書き溜めている水彩画プロジェクト『東京店構え』の中には、時代を感じるたてものがズラリ。

01.

02.

03.

04.

05.

06.

縦に長い、店舗併用型の2世帯住宅。

東京は、最先端を感じるイメージや、赤ちょうちんの並ぶ路地が、観光客に好まれるスポットとして良く取り上げられます。が、たてものの前面を装飾した「看板建築」やそれに近いものは、あまり知られていないのかもしれません。じつは、そのほとんどが関東でしか見られないもの。ちなみに、江戸東京たてもの園には、いくつか移築保存されています。

彼のwebサイトでは、横浜や吉祥寺といった町並みをモチーフに描いた水彩画作品が閲覧可能。そのほか、Instagramでは、原画や制作の様子も。気になった人はチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by Matt Urbanowicz

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP