ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

データを使って最適な睡眠を提供するデバイス「sence」が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

より良い目覚めと、睡眠の質向上のために、睡眠をモニタリングしてくれるデバイス「Sence」がkickstarでの資金調達を経て、現在は量産化に成功。

世界中で販売され注目を集めているようだ。

・ベッドサイドにデバイスを置いて寝るだけ

「Sence」は、ベッドサイドに置いておくだけで、人の動きや、部屋の明るさ、温度、湿度などを自動的に検知。

スマホのアプリにその情報を表示し、睡眠のサイクルを確認できるというもの。

使い方はとても簡単で、小さな巣のような丸い形をしたデバイスを枕もとに置き、眠りにつくだけで、デバイスが睡眠中の情報をすべて記録してくれる。

その結果は、アプリを通じて翌朝確認することができるため、自分が寝ている時の睡眠環境を知ることができる。

データを蓄積していくことで、睡眠サイクルを知ることができ、より良い睡眠環境のために役立てることが可能だ。

・今までにない快適な目覚めに出会える可能性も?

また「Sence」には、利用者の睡眠サイクルに合わせて、快適に起きられるタイミングでアラームを鳴らすといった機能も。今までにない新鮮な目覚めを体感できそうだ。

「sence」には、枕もとに置くタイプの他に、枕に取り付けることができるクリップタイプのデバイスも付属。現在公式サイトにて1台2万5000円で販売している。

Sense

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP