ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットニュースの荒れるコメント欄は学びの場である

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ネットニュースのコメント欄にはさまざまな「意見」が寄せられる。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏は宮本武蔵の姿勢から学びを得るという。

 * * *
 吉川英治が書いた小説『宮本武蔵』に「我以外皆我師」という言葉が出てきます。読み方は「われ以外みなわが師」。自分以外のすべての人は自分の「師」であり、心がけ次第でたくさんのことを学ぶことができるという意味です。大人が大人として成長していくために、忘れてはいけない言葉であり考え方だと言えるでしょう。

 それはさておき、いま日本でもっとも影響力が大きいニュースメディアといえば、文句なしに「Yahoo! ニュース」です。この「NEWSポストセブン」をはじめ、提携先のたくさんの媒体が記事を提供しています。現在、この記事をYahoo!経由で読んでくださっている方も多いでしょう。

 毎日アップされる大量の記事の中から選ばれたいくつかが、Yahoo!のトップページのトピックス、通称「ヤフトピ」で紹介されるという仕組みで、その途端アクセス数も認知度も一気にアップします。メディア関係者にとって、自分が関わった記事が「ヤフトピ」で紹介されることは、何よりの喜びであり名誉であり励みに他なりません。

「Yahoo! ニュース」の特徴のひとつが、コメント欄の盛り上がりっぷり。匿名ということもあって、率直というか脊髄反射的というか本音丸出しというか、それなりに話題になっている事件のコメント欄をのぞくと、あまりの混沌ぶりにめまいを起こしそうになります。「おいおい」と言いたくなるコメントも多いことから、「ヤフコメ(Yahoo!のコメント欄)」の「ヤ」を「ア」に、「フ」を「ホ」に変えて呼ぶ人もいるとかいないとか。

 いや、もちろんあの欄は、ニュースに対する「フツーの人たちの生の声」を知ることができる貴重な場です。SNSにせよ実生活にせよ、どうしても「自分と考え方が似た人」とばかり付き合いがち。しかし、あそこでは自分の交友関係や想像力をはるかに超えて、「リアルではまず聞けないような意見」が縦横無尽に飛び交っています。

「ヤフコメ」の偉大さは、多様な意見が渦巻いていることだけではありません。大人にとって大切な「学び」や「気づき」をたくさん与えてくれます。「我以外皆我師」の精神で「ヤフコメ」を読むことで、呆れる気持ちや不愉快な気持ちや見知らぬ他人を見下したくなる誘惑をけ散らしながら貪欲に学んでしまいましょう。

 たとえば、7月1日8時15分にアップされた〈放送中に「痛い」聞こえた 宮地容疑者の番組リスナー〉という朝日新聞デジタルの記事。14時過ぎの時点で、2200以上のコメントが付いています。多くは、長年親しんできたラジオパーソナリティが起こした事件を驚き、嘆く声ですが、そればかりではありません。このニュースのコメント欄は、こんな「学び」や「気づき」を授けてくれます。

1.世の中には、自分がぜんぜん知らないことにも首を突っ込みたがる人が多い

2.世の中には、出所不明の適当なデマを簡単に信じてしまう人が多い

3.世の中には、憶測でものを言って得意気な顔をしたがる人が多い

4.世の中には、何が何でも民族差別をしないと気が済まない人が多い

5.世の中には、記事をロクに読まないまま平気で意見を言える人が多い

 まず1.ですが、「この人のことは知らないけど」と言いながら、もっともらしいことを言っているコメントの多いこと多いこと。「知らないんだから、黙っていよう」という発想はありません。人の気持ちや行動は、自分の物差しでは判断できないということを教えてもらえて、ありがたい限りです。

 2.も、一時ネット上で「相手の女性アナウンサーが、容疑者の娘を侮辱するようなことを言った」というデマが流れたんですが、それをあっさり信じて「それは殴られても仕方ない」と言っている人の多いこと多いこと。3.も、単なる憶測なのに「俺が事件の真相を教えてやる」と言わんばかりの書き方をしている人の多いこと多いこと。人間の業の深さのようなものに気づかせてもらえて、ありがたい限りです。

 4.と5.については、このニュースの場合は、まだその手のコメントが少ないほうでした。5.は人はいかに面倒臭がりやなのか、そのくせ威張りたがりなのかを教えてくれるし、4.はそう言いたがる人たちが抱えている悲しさに思いをはせずにはいられません。言ってて悲しくならないのかなとも思いますが、悲しくならない人が多く存在するわけですよね。人の心の奥深さを感じさせてもらえて、とても勉強になります。

 そんな感じで、今日も「ヤフコメ」には、たくさんの教訓が山のようにチリのように積み上げられています。コメントを書き込んでいる人を「師」と仰ぐことで、どれだけ「学び」や「気づき」を得られるかが、大人の意地の見せ所と言えるでしょう。日々鍛錬を重ねれば、きっと宮本武蔵並みの強さを身につけられるに違いありません。

【関連記事】
NEWSポストセブン「コメント欄」運用開始 活発な議論の場に
上地雄輔がブログで新たな金字塔 現在ギネス記録2個保持
中国の豚骨スープと喫煙に関するあまりにもひどいジョーク

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP