ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】溝口敦氏が引き出した「怪物」達の経営哲学とノウハウ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々』/溝口敦・著/光文社新書/740円+税

【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)

 タイトルから受ける反社会的なイメージとは裏腹。読後感は痛快かつ軽妙。すべてのビジネスに通じる鉄則が、本書から読み取れるからだろう。

 実名、仮名、イニシャルで登場する9人の「闇経済の怪物」たちは、自身の仕事に「命を賭けるほど真剣に、全力を挙げて取り組」んできた。その詳細を、グレービジネスのノウハウとともに、著者は驚くほど丹念に引き出している。

「シロとクロとの間のグラデーション(階調)」が、何層ものグレーを生み出すように、彼らの人生も多岐にわたる。「中学時代、すでにワルだった」I氏は、高校に進学せず、寿司店の小僧からスタートし、とび職、「山口組傘下K会系の組」の組員を経て、堅気の世界に戻ると、「統計学とパソコンを独力で勉強」。相場の世界で人を出し抜く「自分なりのロジック、方法を見つけ」るや、FXで「1週間で3億円」を稼ぐまでになった。

 高校中退後、パチプロからスタートした梅本健治氏(仮名)は、「デリヘルで事業の基礎を築き、今では10社以上を経営、年商10億円、200人以上の雇用」を生み出している。

 その経営哲学は、搾取ではなく信頼関係の構築という。「女の子に旦那がいようと、カレシがいようと、女の子を店に来させる」。それには相手が何を求めているかを「敏感に察知」し、「自分を好きにさせる努力をしないといけない」。得るためには、まず奉仕というわけである。まさに、営業の鉄則であろう。

“ニッチな世界”に商機を見いだす企画力と、成功するまで投げ出さない粘り強さ、そして「自分という人間を売る」ことの熱心さにおいて、ひときわ異彩を放っているのが、「ある広域団体の歴とした幹部」の熊谷正敏氏だ。

 著者が、熊谷氏をブラックではなくグレーとして取り上げているのは、その仕事ぶりによる。フランス人監督によって映画化され、カンヌ国際映画祭でも上映された熊谷氏の日常は、ビジネスに不可欠な機微を体現していて、国際的に注目されるのも、なるほどと思わせる。

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
「1杯無料」と「おかわり無料」は何が違うのかを明かす書
ビジネスホテルが一泊四千円でやっていける理由を記した書
ビジネス英語の現場では「和文英訳」の悪癖は捨てるべきだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP