ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

橋田壽賀子が見た健康余命日本一・静岡女性の豊かさ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 寿命が伸び続ける日本において、「健康寿命」という言葉が注目されている。これは、介護の必要や障害があるといった生活の支障がなく、健康に日常生活を送れる年数を指すものだ。

 2010~2014年の5年間にわたり、茨城県立健康プラザ研究員で、聖徳大学看護学部教授の栗盛須雅子さんが健康寿命を調べたところ、女性では静岡県が日本でもっとも「平均余命に占める健康余命の割合」が高かった。つまり、「より長く健康に生きて死ぬ」割合が高いということ。そんな静岡に45才のときに移り住んだのは、脚本家・橋田壽賀子さん(91才)だ。橋田さんが見た、静岡の魅力、静岡女性の生き方とはどんなものだろうか。

 * * *
 もともとは主人の実家が沼津だったことが縁で東京から静岡へ移り住みました。住んでみると、空気はおいしい、景色はきれい、人は穏やかで、もう東京には戻れなくなってしまいました。

 食材も豊か。スーパーに行けば、わかめやあおさのりといった海藻類はもちろんのこと、いわし、さば、あじなどの決して高級ではないけど新鮮な青魚が安く買える。お肉も地元産の質の高いブランド牛肉が揃っています。もちろん、静岡のお国自慢でもあるお茶は本当においしい。日によって異なりますが、だいたい1日で最低5杯は飲んでるでしょうか。

 静岡のシニア女性は本当に元気だという印象です。みなさん呑気でガツガツしていない。おそらくはその人の生活範囲内で豊かに、そして幸せに暮らせるからでしょう。事実、「今の暮らしで充分」と言われるかたが多くて驚かされます。

 日曜日の新聞を開くと、フラダンスやヨガ、そしてさまざまな文化セミナー、カルチャースクールのお知らせが、いっぱい掲載されています。しかも、どれも安い。静岡の女性は、そうした場で友達をつくって、ボランティア活動をしたり、旅行に行ったり、この季節だとホタルを見に行ったりと大いに楽しんでいるのです。

 だからでしょうか、静岡には孤立している人が少ない。仲間との連帯感が心強さや生きがい、そして伸びやかさを育んでいるのだと私は思うのです。私自身はといえば、月・水・金の週3で個人レッスンのトレーニングに通っています。体をほぐしてもらったり、足を上げたり下げたり、それから簡単なボール運動をしたり、しっかり1時間汗を流しています。

 結局、心配事がないのが長生きの秘訣のような気がしています。夫を亡くし、子供もいない私には、「いつだって死ねる」という気楽さがある。今はけがの療養中ということもあって、のんびりしているのですが、またドラマを1本書かなきゃならないみたいで気が重いんです。なんとか断る方法はないかと思案中です(笑い)。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
静岡のおでん名店 つゆの見た目は黒いがあっさりやさしい味
【道州制変化予測・東海州】静岡と浜松 明暗が分かれ分裂も
健康寿命1位の浜松市 担当者「緑茶や鰻原因と断言できぬ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP