ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美しさに惚れ惚れ!モダンに進化する越前漆器のiPhone対応「漆塗カバーケース」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天鵞絨のように濃く美しい紅色。漆の滑らかで上品な風合いは、日本人なら誰しも心動かされるでしょう。

日本古来の伝統文化である「漆」。食器やかんざしなど晴れの日に使われることはあっても、なかなか日常生活で手にすることはありません。そんな中、1500年の歴史を持つ福井県鯖江市の越前漆器メーカー「漆琳道(しつりんどう)」では意外なものとコラボした商品が開発されました。

それが、今回ご紹介する「土直漆器(つちなおしっき)」のオリジナルiPhoneカバー「漆塗カバーケース」です。


2016年6月28日NHKプレミアム(3ch)で放送された番組「イッピン」にて「モダン!便利!進化する器〜福井 越前漆器〜」にて紹介され、反響を呼んでいます。

漆塗カバーケースの特徴は、「白檀塗(びゃくだんぬり)」という伝統的な漆塗の技法が用いられていること。銀で描いた蒔絵の上から透き漆(透明な漆)を掛けることで、銀の模様がうっすらと金色に浮かび光り輝くというものです。

個々の模様が天の川のようにきらめくさまは、思わずうっとりとため息をついてしまうほど。

販売されている種類は全6種。市松、七宝(しっぽう)、青海波(せいがいは)、矢絣(やがすり)、結桜(むすびざくら)、ドットと、それぞれ全く異なる表情を見せてくれます。

漆の性質上、最初は黒っぽく感じるのですが、使っていくうちに徐々に色が出てきます。使い込むほどに色鮮やかになり、ゆっくりと繊細な蒔絵が現れてくるのだとか。

このケースに対応するのはiPhone6/6SとiPhone5/5s。慌ただしく過ぎていく現代で、いつも手にする日常品にこそ、こだわりの逸品を使ってみませんか?

漆塗カバーケース

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

素敵すぎて手紙送りたくなる♪ 和の伝統文様がデザインされた特殊切手「和の文様シリーズ」が発行
大正ロマン溢れるあの「はいからさんが通る」がお人形になって帰ってきた!原作通りの姿で登場
かわいい妖怪が帯留に!伝統工芸 東京七宝で作られた愛嬌ある帯留「妖怪七宝」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP