ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大接戦! 冷やし中華「マヨネーズ派vs.からし派」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いよいよ夏本番。暑さで食欲が落ちるこの時期にうれしいのが「冷やし中華」だろう。つるっとした喉ごしで爽やかな気分にさせてくれるが、ちょっと気になるのがほかの人の食べ方。具材と麺をからめて食べるのか、別々に食べるのか、どんな調味料をかけるのか…その“こだわり”は十人十色。そこで今回は、20~30代の男性会社員200人を対象に「冷やし中華の流儀」について調査した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

【もっと大きな画像や図表を見る】

■あなたの冷やし中華の食べ方は?

・「具と麺をすべて混ぜて食べる」派 62.5% (125人)
・「具と麺を別々に食べる」派 32.5% (65人)
・「(小麦アレルギーなどで)食べられない」 5.0% (10人)

まずは気になる“食べ方”。油そばと同様、具材と麺をからめて食べるのが多数派だが、「具と麺を別々に食べる」と答えた人も3割強と意外に多い。いろどり豊かな具材の配置を崩さずに食べることを、こだわりにしている人もいるのかも。

では、きれいに盛りつけられた冷やし中華に何をかける人が多いだろう? コンビニ商品などには「ねりがらし」が付いているのが一般的だが、「マヨネーズ」や「酢」の人気も高い。これらで特に人気の調味料は?

■冷やし中華に加える調味料といえば…?

・「マヨネーズ」派 37.9%
・「ねりがらし」派 34.2%
・「酢」派 12.1%
・「その他」派 15.8%

「マヨネーズ」派と「ねりがらし」派がほぼ同率に! 「酢」派は少ないものの、1割弱と健闘している。都道府県別にみると、マヨネーズ派が多いといわれる愛知県は、回答者18人中14人が「マヨネーズ」を挙げた。一方、“豚まんにはからし”がポピュラーな関西圏の回答者(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県)は、冷やし中華にも「からし」かと思いきや30人のうちマヨネーズ派は17人と、接戦となっている。なお、15.8%の「その他」派はほとんどが「調味料を加えない」とのことだった。

ちなみに、こだわりの食べ方を聞いてみると、以下のようなコメントが寄せられた。

■オイル系をプラス!

「ごま油、ラー油を調味料として使う」(26歳)
「ごま油を多めにかけます。匂いがとても好きだからです」(37歳)

■スパイシーさをプラス!

「柚子胡椒をちょい足しする」(25歳)
「ワサビを入れる」(29歳)
「七味唐辛子をかける」(39歳)

■アクセントになる別の味を!

「ニラたれを入れる」(25歳)
「ネギをたっぷり入れる」(34歳)
「納豆をたまに入れたりします」(38歳)

■調味料をごっそりと!

「酢をたくさんいれる」(29歳)
「からしの大量投入」(35歳)

手軽な食事である冷やし中華だが、実は奥が深そう…。さまざまな食べ方を参考にして、今年は一味違った冷やし中華に挑戦してみては?

(藤あまね)
(R25編集部)

大接戦! 冷やし中華「マヨネーズ派vs.からし派」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

そうめんvs.ひやむぎ 多数派は?
関西人が選ぶ、関西グルメ1位は?
朝食が美味いビジネスホテル6選
たけのこ派、きのこ派に哀れみ…「薄っぺら」
なぜ料理に?疑問な食材1位「酢豚のパイナップル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP