ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽を保存できる外部ストレージ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


動画を撮影し、音楽を聞いて、アプリを入れて…と、毎日スマホを酷使していると、やがて直面するのが「容量」の問題。残りわずかになった空き容量に、あれを消してこれを残して…と頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。特にiPhoneはSDカードが使えないため、Androidよりも容量の悩みは深刻ですよね。

【もっと大きな画像や図表を見る】

もしもあなたが、iPhoneで音楽をたくさん聞く方なら『ミュージックストレージAL-LCS11/12』(ラディウス)を試してみてはいかがでしょうか。こちらは音楽データを外部に保存するためのiPhone専用のストレージです。

ストレージの容量は32GBと64GBの2タイプ。32GBの場合、音楽データを約4000曲程度、ハイレゾ音源なら200曲程度保存できます。曲の再生は同社製のハイレゾ対応の音楽再生アプリ「NePLAYER Lite」から可能。外部のストレージに曲を保存したまま音楽を再生できるので、iPhone本体の空き容量確保につながります。

ストレージにはフラッシュメモリを使用しており、PCから音楽データをコピーする時もUSBメモリと同じ操作感で使用可能。バッテリー不要のため充電の必要もなく、重さも9gとコンパクトなので、気軽に持ち歩けますよ。

今後、同社から本製品に対応したファイル管理アプリや、4K動画の撮影・編集アプリのリリースも予定されており、音楽データだけではなく様々な用途でストレージを利用できるようになるとのこと。iPhoneの容量不足に悩んでいる方の救世主になるかもしれません。

(井上マサキ)

『ミュージックストレージAL-LCS11/12』(ラディウス/市場価格:AL-LCS11:1万5000円前後、AL-LCS12:2万1000円前後)

記事提供/『R25スマホ情報局』
(R25編集部)

音楽を保存できる外部ストレージはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

情報流出対策でUSB塞ぐ…効果は?
データの大量持ち運びテク!
定額制音楽配信、コスパNO.1は…?
グーグル音楽配信 ネット評判は?
高音質SDカード、レビュー大荒れ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP