ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有村架純の朝ドラ主役抜擢に 「能年を友情出演させて」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NHKは6月29日、来春からスタートする朝の連続テレビ小説が『ひよっこ』に決定し、ヒロイン役に女優の有村架純(23歳)を起用すると発表した。ネットでは、「楽しみ」「絶対見る」と期待の声があふれる一方、『あまちゃん』でヒロイン役を務めた女優の能年玲奈(22歳)との間に生じた“大きな差”を指摘するユーザーが相次いでいる。

【もっと大きな画像や図表を見る】

同作は、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。高度成長期の真っただ中、茨城県北西部の農家で育ったヒロイン・谷田部みね子が、東京に出稼ぎに出たままいなくなった父親を捜すため、集団就職で上京し、成長する姿を描く青春記だ。

ヒロイン役を演じる有村は、2013年の連続テレビ小説『あまちゃん』で主人公の母親の若い頃を演じてブレイク。映画『ビリギャル』や月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)など、話題作で次々と主演を演じる人気女優となった。かたや、『あまちゃん』でヒロインを演じ、ブレイクを果たした能年は、所属事務所とのトラブルが報じられるなどし、ここ最近はテレビや映画への出演はほとんどない状態だ。

Twitterでは、

「能年玲奈と有村架純の明暗が切ない。運命はどこで分かれてしまったんだろう」‏
「あまちゃん放送から3年、能年玲奈と有村架純で大きな差がついてしまいました」
「同じあまちゃん女優でも能年と有村じゃ出世の命運別れたな」(原文ママ)
「有村架純朝ドラヒロインか。凄いな。しかし能年ファンとしてはこのタイミングでなんたる皮肉。事務所の差だよな」

と同じ朝ドラでブレイクした2人を対照的に見るユーザーが多いようだ。さらに、

「能年ちゃんも友情出演させたげて」
「朝ドラ繋がりで、今度は能年ちゃんをチラッと出してあげて」
「ヒロインのお母さんの若い頃の役を能年ちゃんがやれば完璧」
「最近いろんな意味でご無沙汰の能年玲奈も脇役でいいから出演してくれないかなあ?」

と、『ひよっこ』に能年の出演を望む声が多数寄せられており、復帰を心待ちにするファンの切なる願いが伝わってくる。

「出世街道をひた走る有村」と「事務所問題で足踏みする能年」という構図をイメージする人が多かった今回のヒロイン発表。裏を返すと、それだけ能年の今後の活躍が期待されているとも言えそうだ。
(山中一生)
(R25編集部)

有村架純の朝ドラ主役抜擢に 「能年を友情出演させて」はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

オジさん殺し?女優1位は有村架純
デキ婚しそうな20代人気女優TOP10
能年玲奈 コスプレ姿にファン興奮
ミニスカのサンタコス見たい女優TOP10
「美女だけど結婚はキツイ」女優は長澤まさみ!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP