体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福岡の老舗「ブラジレイロ」で洋食と自家焙煎珈琲を味わう

f:id:mesitsu_lb:20160518095248j:plain

珈琲好きのみなさん、福岡の老舗喫茶店、

「ブラジレイロ」を知っていますか?

f:id:mesitsu_lb:20160518095040j:plain

福岡の喫茶店の中でも、特に老舗と言われている「ブラジレイロ」。

昭和9年にブラジル・サンパウロのコーヒー局が、ブラジルの珈琲を宣伝する目的で中洲湖畔にモダンな珈琲店を開いたのが始まりだそうで、カフェに詳しい方に「絶対行った方がいいですよ!」と聞いて以来、「ずっと行きたい!」と思っていたのですが、やっと念願叶いました!

場所は呉服町。“昭和”の時代は、卸問屋さんや宿などがたくさん並び、博多駅に近いこともあってとっても賑わっていた場所です。今は昔ほどの盛況ぶりはないものの、オフィスや飲食店も多く、近くには駐車場も結構ありました。外観からも古き良き時代の面影が伝わってきますね~。外観を見ただけですぐに、「ブラジレイロ」だと分かります!

f:id:mesitsu_lb:20160518095116j:plain

こちらが入口です。軽食もあるようです。

f:id:mesitsu_lb:20160518095129j:plain

店内に入ると、素敵な“昭和”も感じられるノスタルジックな雰囲気でした。奥には焙煎室も見えます。本格的……。

f:id:mesitsu_lb:20160518095154j:plain

入口近くには、こだわりの豆が並びます。

f:id:mesitsu_lb:20160518095209j:plain

1階と2階があるのですが、2階スペースでは打ち合わせをしている方もいらっしゃったので1階のこちらのお席に座りました。

f:id:mesitsu_lb:20160518095015j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。