ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

左利きの人は1割強 時代・国・地域問わず常にそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「あなた、左利きなんですね?」――初めて会った相手が左利きだったら、この言葉を必ずといっていいほど言うはずだ。そんなに多くはないけど、周りに数人はいる左利き。いったい世間にどのくらいいるのだろうか。

『左対右 きき手大研究』(化学同人刊)や『選ばれし民 左利き』(インフォレスト刊)著者で関西福祉科学大学学長・八田武志さんは言う。

「ざっくりいうと1割強です。いつの時代のどこの地域、国でもこの割合は変わりません」

 八田さんが1993年に国内の大学生と専門学校生1700人にした調査によると、左利きは、男子12.8%、女子7.8%だった(両利きも含む)。

「利き手を決める要因は諸説あります。胎児期に左脳を損傷して右脳に依存したことによる『脳損傷説』や親や血縁関係による『遺伝説』などです。さらに、なぜ1割という一定数なのかは、謎なんです」(八田さん)

 かつて、左利きは軽蔑されてきた歴史もあった。

「明治、大正、昭和初期は、左利きの子供は矯正されました。女性はお裁縫や料理などを左手で行うことは考えられなかった。軍国主義の時代は、敬礼を左でやってしまったら、とんでもない無礼とされていました」(『左ききのトリセツ』〈グラフ社刊〉著者の實吉達郎さん)

 いろいろな個性が尊重される社会になっていくにつれて、左利きの地位は向上していった。

「19世紀末にイギリスで『両手きき運動』が起こり、左利きに注目が寄せられ、次第に左利きが認知されるようになっていきました。日本では1980年代頃から、左利きの子供を親が矯正しなくなりました」(八田さん)

 左利きの著名人にはトーマス・エジソン、マリー・キュリー、夏目漱石、王貞治、バラク・オバマ、レディー・ガガなどがいる。

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
「ダ・ヴィンチなど左利きには数学系天才多い」と脳科学者
関根潤三氏 左利きだが中学時代は右用グローブ使っていた
右打者は左にすべき?に広澤克実「セの打率上位5傑は右打者」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP