ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

助けられない舛添氏ら団塊世代 一方、石原・森氏は人望あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 舛添要一・前東京都知事(1948年生まれ)の辞任騒動をはじめ、その前任の猪瀬直樹氏(1946年)、首相の座にまでのぼりつめた菅直人氏(1946年)、経営者では東芝元社長の佐々木則夫氏(1949年)など、ここ数年の間に「団塊エリート」たちの失脚が相次いでいる。印象的なのは彼らが落ち目になるや、誰も助けようとしないことだ。

 挫折したのは団塊エリートだけではない。内紛の末に会長の座を追われたセブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文・名誉顧問(1932年)、燃費データ不正問題への対応に追われるスズキの鈴木修・会長(1930年)など、「プレ団塊世代」の経営者たちも苦汁をなめた。

 それでも団塊エリートとは違い、彼らがいまなお尊敬を集めているのはなぜなのか。経済ジャーナリストの片山修氏が語る。

「鈴木敏文氏らは戦争を知っている『戦中派』だから、いい意味で戦い続けることを知っている。だから強い。松下幸之助(1894―1989)、本田宗一郎(1906―1991)もそうだが、戦前戦後を知る世代には日本の復興という使命感があり、だからこそ信念を持って夢を追い求める経営者が多かった。

 それに対して団塊世代の経営者は、内向きで社内の仲間に勝つことばかり考えてきた。だから尊敬されないんです。東芝の佐々木氏はバブル期のイケイケドンドン体質が抜けず、利益追求主義に走って無理なことを続けてしまった。攻めには強いが守りに弱く、すぐに保身に走る。これも団塊エリートの特徴だと思います」

 政界でも、石原慎太郎氏(1932年)、森喜朗氏(1937年)、野中広務氏(1925年)らプレ団塊世代の政治家たちは、失脚・引退した後も「ご意見番」として君臨している。

 同じ「焼け跡世代」の政治評論家・屋山太郎氏は、こう解説する。

「私たちの世代は『やせガマン』するんです。焼け出されてスッカラカンになったけど、だからこそ物事に執着しない。考えても仕方がないことは諦める、そういう潔さがある。それは元をたどれば武士道です。

 舛添さんや菅さんを見ていると潔さがまったく見られませんね。すべて他人のせいにして責任を取らない。それでいて権力にしがみつくのも共通しているように思います。森さんも、首相を辞任する時の引き際だけは良かった。だから第一線を退いても人望だけはあった。舛添さんみたいな辞め方だと、ついてくる人はいないでしょう」

 人望だけで東京五輪組織委員会会長を続けているとしたら、ある意味、たいしたものである。

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
舛添、猪瀬、菅直人 なぜ墜ちた団塊は助けてもらえないのか
団塊世代経営者 松下・本田氏ら戦中経営者と比べ実績少ない
孫氏や三木谷氏 「大ホラ」で若手に慕われジジ転がしも得意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP