ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で最も清潔な空港の掃除のプロ、掃除の先の優しさとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イギリスにあるスカイトラックス社が実施する国際空港ランキングで、2013年、2014年、2016年と“世界で最も清潔な空港”という栄冠に輝いた羽田空港。その羽田をきれいにする清掃員700人を統括するのが、新津春子さんだ。

 彼女を一躍有名にしたのは、2015年に放送された『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)。名だたる著名人の放送回をさしおいて、同年最高視聴率を記録した。

 空港を歩くだけで、握手を求められる。90才のおじいちゃんからファンレターも届く。この1年で本を4冊出版した。

「心境の変化はありますよね、やっぱり。今まで清掃しか知らなかったのに、急にいろんなメディアの人に出会ったり、人の前で話をするようになったりして、世界が広がった気がします。たくさん話す機会が増えたから、私の日本語もちょっと上達したかな(笑い)」(新津さん、以下「」内同)

 新津さんは、中国残留日本人孤児2世だ。中国では日本人ということでひどいいじめを受けたが、砲丸投げ選手になるほど体を鍛えてはねのけた。以来、負けん気は人一倍強いと笑う。

 高校卒業後、音響会社に入社するものの、清掃の基礎を学ぼうと退社。品川高等職業訓練校(現・城南職業能力開発センター)に入り直した。

「私は、仕事を覚えきってしまうとつまらないの。新しいことがないと飽きてしまうんですよ。その点、清掃には終わりがない。最初は誰でも汚れを落とせるのに、ある時点からプロでないと手が出せなくなる。深い世界なんです。

 さらに、昔はこう清掃してきました、が通用しません。空港では80種類くらい洗剤を使っていますが、年に1度、各メーカーが新商品を出してきます。清掃道具ももちろん進化しますし、床材や壁材なども新しい素材が出てきます。どの洗剤とどの道具をどう使えばいいか、常に勉強し、テストを重ねる日々が楽しいんです」

◆やさしさは日本人に足りているのか

 高校時代から清掃のアルバイトを3つ掛け持ちしながら十数社で経験を積み、清掃の基礎も学んだ新津さんだが、本当の意味で“清掃のプロ”になったのは、現会社の上司である、常務の故・鈴木優さんの言葉が大きかった。

 それは1997年、自信満々で出場した『全国ビルクリーニング技能競技会』の予選で、2位を獲った時のことだ。

「1位狙いで参加したから、2位はいらないの。賞状なんて捨ててくださいって泣きじゃくって…激しすぎますよね、私(笑い)。そしたら、鈴木常務が私のことを、“技術はあるかもしれないけど、やさしさがないね”って言うんです。最初は意味がわからなかったけど、使う道具に対する気遣いや、そこを使いたいお客さまへの心遣いが足りないということだったんです。

 それまでの私は、自分の“掃除したい”という気持ちが優先していて、そこまで見ていなかった。なるほどな~と思ったんです。でもね、人間って、性格はなかなか変わるものじゃないと思うの。“はい、そうですか”って、すぐ体が動く人がいたら、それはうそ(笑い)。最初はやさしい“真似”です。全国大会まで2か月しかないから、必死で特訓をしましたよ。鈴木常務もつきあわせて(笑い)」

 結果、全国大会では、見事1位を獲得した。日本と中国の違いを肌で知る新津さん。だからこそ、その個性が、会社のカンフル剤となっている。

「中国の人は、いいはいい、ダメはダメとはっきり言うからわかりやすい。ですが日本人は、いいもダメもはっきり言わないからわかりづらいの。教える時に、“わかった?”って聞いても、“う~ん…”ってどっちにもつかない返事をする。もう1回やらせると、やっているうちに、“ここがちょっと自信ない”とか言い出すの。だから、“わからないことは言わないと!”って叱るんです。

 でも、一緒にいるということは、一緒にやりたいという気持ちがあるってことじゃないですか。だから、自分に自信がない子には、とにかく声をかけてあげるんです。そうすれば彼らなりの範囲で努力してくれるようになるし、たとえいいリーダーになれなかったとしても、いい作業員にはなれるから。みんな私みたいにズバズバしゃべる人じゃないから、聞き出してあげるのも必要かなと思うんです」

 職場の対人関係に悩んだスタッフが会社を辞めたいと言った時には、「会社は納得したかもしれないけど、教育係だった私にはまだわからない。納得するようにちゃんと説明しなさい」と、一喝したこともある。

「なんで自分だけで抱えちゃうのよ。上司に話したりして、誰かと一緒に考えればいいじゃない。その人が嫌だからって逃げていたら、次の会社でも同じことになる。どこまで頑張るかは本人次第だけど、何かあったら私に直接言ってくればいい。そう言ってあげた彼は、まだ一緒に働いています(笑い)」

 はっきりものを言うが、そこにはやさしさがたっぷり。新津さんから見て、日本人はどう映るのだろうか?

「日本は、世界中でいちばんやさしいとか、サービスがいいと認められていますよね。でも今、果たしてそうかなという疑問があります。やさしさが少なくなってきてるんじゃないでしょうか。

 思いやりとかやさしさは、おじいちゃんとかおばあちゃんとかの上の世代から、お父さんお母さん、孫と次の世代に受け継がれていくもの。核家族で、一緒に暮らしていないからかもしれませんけど…。40~50代の世代も余裕がないように感じます。清掃をしていてご苦労さまと私に声をかけてくれるのは、年配の人がほとんどです」

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
老人に薬を大量処方 「副作用出るまで寿命ない」と医師暴言
早稲田大学さだまさし研究会 楽曲に登場の地探訪が主な活動
波紋の「飼い犬税」 1955年には約2700自治体で実施していた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP