ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『笑点』での桂歌丸は野球界でいえば長嶋茂雄の役割に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新司会者にまさかの春風亭昇太(56才)が大抜擢された『笑点』(日本テレビ系)。生き字引ともいえる桂歌丸(79才)の後を継ぐ者としてどんな司会ぶりを見せていくのか注目が集まっている。

 昇太が回答者でなくなった穴を埋めるべく、6月から新メンバーとして加入した林家三平(45才)。起用理由を福田一寛プロデューサーに聞くと…。

「若さと朗らかさ、誰にでも愛されるキャラが起用の理由です。知名度もあってキャラは浸透していますし、嫌な印象を与えない三平さんに落ち着きました」(福田さん)

 父親が有名人(初代・三平)で妻(国分佐智子)が美人と、ツッコミどころやいじられるポイントがわかりやすいのも三平の“強み”だと笑点をこよなく愛するペリー荻野さんは話す。

「今後は“嫁がいない”キャラの昇太さんの嫉妬交じりのツッコミがますます激しくなりそうですね。しかも三平さんは最初から“前からいたんじゃないの?”と思うくらい馴染んでいる。ベテランだと周りも気を使ってツッコミにくいけど、三平さんならみんながボコボコに言っても大丈夫そう(笑い)。先輩たちもやりやすいのでは」

 メンバーはそれぞれ決まった色の紋付を着ているが、三平の紋付の色は「丁子色」。実はその色選びは大変だったのだとか。

「歌丸さんは終身名誉司会なので、歌丸さんが着ていた緑色は永久欠番ならぬ“永久欠色”。4代目司会の圓楽師匠の紺色も使えないと思いました。色見本をズラリと並べて探したんですが、他の人とかぶらない色は限りがある中、黒紋付は意味が出てしまうし、といろいろ考え、三平さんとも相談し、丁子色になりました。朗らかなイメージに合っているかと思います」(福田さん)

 司会者だけでなく、紋付の色も「消去法」だったとは。ちなみに番組のオープニングアニメに、引退したはずの歌丸が出続けているのも、終身名誉司会者ゆえ。「野球界でいうと長嶋茂雄さん。長嶋さんも何かあったら出てくるじゃないですか。笑点において歌丸さんの名前は永久に不滅です」(福田さん)

 まさかの“復活”もあったりして…。

 この先「100年」を目指すという『笑点』。昇太もいずれ歌丸のハゲネタを引き継いでいくのか? その時、三平は95才…!

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
「春風亭昇太を笑点司会に推薦した理由」桂歌丸が明かす
落語が本業の『笑点』メンバー 高座が一番面白いのは誰か
桂歌丸の夢は客席の一番前で『笑点』の公開収録を観ること

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。