ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芸能人梨園妻トップの富司純子 謂れなき非難を受けた過去も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 歌舞伎役者・中村橋之助(50)の妻・三田寛子(50)が、“梨園の妻”としての転機を迎えている。夫・橋之助が10月に大名跡である「八代目中村芝翫(しかん)」を襲名する。これによって梨園における三田の地位はより盤石になるという。

「一門の大黒柱だった勘三郎はすでに他界。『市川團十郎』に次ぐ大名跡『中村歌右衛門』の襲名が決まっていた兄・中村福助は2013年に脳内出血で倒れて以来、いまだ病床で、復帰のメドは立っていない。つまり橋之助が『芝翫』を継ぐことで、三田さんは名門『成駒屋・中村屋』一門の妻の座のトップとなる」(梨園関係者)

 だが、そんな三田ですら頭が上がらないのが、“芸能人梨園妻”の頂点に立つ富司純子(70)だ。富司の夫は「成田屋」と並ぶ超名門「音羽屋」を束ねる人間国宝・尾上菊五郎(73)。そんな彼女でも謂れなき非難を受けた時代があったという。

 結婚後すぐに長女・寺島しのぶ(43)を産んだが、その後跡継ぎがなかなか誕生しなかった。当時の苦悩を富司はこう明かしている。

〈結婚してすぐに妊娠したものですから。次もすぐにできると思っていたんです。でもなかなかできない。「次のお子さんはまだ?」「こんどは男の子ならよろしいのにね」という何気ない一言もプレッシャーになりました〉(『女性自身』2006年12月19日号)

 やはり伝統芸能の歌舞伎においてお世継ぎを産むことこそが、梨園妻に課せられた最大の使命なのである。

 富司は不妊治療の末、長男・菊之助(38)を授かったが、以後の富司の働きぶりが素晴らしいと言うのは、二代目市川猿之助の甥で、歌舞伎研究家の喜熨斗勝氏である。

「私は『梨園の妻になるには、どうすればいい?』と聞かれたら『まず純子さんに習いなさい』と言っています」

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
三田寛子 夫の「中村芝翫」襲名で梨園の地位はより盤石に
「梨園の妻」となった藤原紀香を待ち受ける試練とは
江角マキコ 歌舞伎座で元カレ・尾上菊之助の妻と母に遭遇

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。