ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元日テレアナ上田まりえ 「愛がある」と岡田圭右に憧れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビという優良企業に守られた会社員生活から一転、何の保証もない厳しい世界へと飛び込んだタレント・上田まりえ(29)。しかしそんな不安は一切感じさせず、「面白いことをやってみたい」という好奇心は天井知らずだ。バラエティーやラジオなどで活躍を続ける“元女子アナ”上田に直撃した!

――タレントになってから、芸能人との共演も今までと違う感じがしますか?

上田:全然違いますね。局員時代はホストの立場です。タレントさんはうちの会社に来てくださる大事なお客様ですから、失礼のないように、日本テレビの番組に出て良かったと思ってもらえるように、自分が引いて周りを見たり、ここぞという時には出たり。そして喜んでいただくことが必要でした。そのさじ加減が難しかったですね。でも今はタレントという立場で、自分がどんどん出ていかなければならないんです。常に“どうしよう、何もない”っていう恐怖心がありますね。

――またそんな自己評価が低い…。

上田:いやいや、冷静に分析したうえで、ですよ。自分はそんな華があるタイプでもないし才能があるタイプでもない。じゃあ何ができるんですかと聞かれると、実家も普通の庶民の家ですし、逆にそういう“普通の感じ”がウリなのかなと思い至ったんです。だからすっごく普通ですよ~。芸能人を見るたびに“おお!”って興奮しているし、テレビに出れば汗びっしょりですし(苦笑)。そこはこれからも変わらないんじゃないかな。マネジャーからは“みんなが知ってる人じゃないからこそ面白い”と言ってもらいました。プラスに考えると、イメージがついてない分、何でもできる可能性があるって。

――では松竹芸能にした決め手は?

上田:“出落ち”感ですよね(笑い)。いろんなところに所属している自分を想像してみたんです。そこで“松竹芸能から来ました、上田まりえです!”って言うのがすごくいいなと思って(笑い)。まずみなさん“日本テレビアナウンサーやってたんでしょ?”“なんで松竹芸能?”“芸人?”“何になるの?”“タレント?”みたいにいっぱいひっかかりを作ってくださるだろうと。そう思っていただけたらよっしゃ!って感じです。

――そんなにお笑いが好きだったんですか?

上田:“芸人事務所入ったら、何させられるんだろう”っていう面白さがあるじゃないですか。実際、バンジージャンプもやりましたし、心霊スポットロケも行かせていただきました。これくらい体張らないとアナウンサーやめた意味もないと思いますし、これって芸人事務所じゃないとありえないお仕事で。松竹芸能に入れていただいて正解だったな~と思います。まあ、実を言うとバンジーの話が来た時は“大丈夫なんか? ほんとに? 一晩考えた方がいい”とマネジャーさんから止められたくらいなんですけどね(苦笑)。

――松竹芸能に決めるまで、どれくらいの数の事務所から声がかかったんですか?

上田:3社ですね、ありがたいことに。本当はオーディションを受けて事務所に入ろうと思ってたんです。私の力量で入れると思ってなかったので、バイトしながら生活して、オーディション受けながら探していけばいいやって。退社すると決めた時点で、中華料理屋さんの面接に行ってお願いしてたんです。

――すごい決断力ですね。芸人事務所で上下関係、厳しくないですか?

上田:全くないです。芸人の兄さん姉さんたちも、みなさん本当に温かく迎え入れてくださってありがたいです。みなさん最初は心配してくださってましたよ(苦笑)。とくに『PON!』(日本テレビ系)でご一緒していた岡田(圭右)師匠からは、“なんでなん!? 大丈夫なんかうちの事務所で”って本当に心配してくださって、“ごはん食べさせてあげられるんか、仕事あげられるんか”ってマネジャーさんに直訴してくれたほど。まあ、マネジャーさんはそこで“保証はできません!”って堂々と答えてましたけど(笑い)。

 もっというと、退社を決めた時、まだ事務所も全然決まっていない時に、岡田さんのマネジャーさんに退社のご挨拶をしたらすっごい叱られまして(苦笑)。“やめてなにするんや、本当に厳しい世界なんだぞ”って。なんでこんなに私怒られているんだろう…って一瞬思いましたが(笑い)、こんなに自分の人生を心配してくれる人なんていないなあと。その時は(松竹芸能に)入れてくれとも入って欲しいとも話は出ませんでしたが、気がついたら松竹芸能に心を持っていかれました。

 今年の松竹芸能の新年会にも参加したんですが、岡田さんは自分の挨拶の時に私の話をしてくれて。“『PON!』やってたからお前が(上田を)取ったんかと言われるけど、おれはほんまはカトパンがよかったんやー”ってフリがあって。芸人さんだけじゃなくマネジャーさんたちも“カトパンがいいー”とか言ってて、“なんていい会社なんだ!”って事務所愛を改めて感じました(笑い)。元同僚からも“上田は松竹芸能でよかったな”って言ってもらっています。

――タレントとしての目標は?

上田:岡田師匠です!

――本気ですか?

上田:岡田さんはタレントである前に、ひとりの人間として素晴らしいかたなんです。お父さんでもあり、芸能人でもあり、社会人経験もあり、すごく普通の感覚を持っているかた。あとなによりも愛があります! MCを一緒にやっている時に思ったんですが、岡田さんと仕事すると超楽しいんです。みんながハッピーになるような環境を作る人なんですよ。でも最近は岡田さんのことが大好きすぎて、“出たなストーカー”って言われるように(笑い)。独身だったら好きすぎて結婚したいくらいの勢いだから、岡田さんが既婚者でよかった。だって実はすごいイケメンなんですよ、岡田さんて。みんなごまかされてるんですよ、あのギャグに(笑い)。今度よく見てみてください(笑い)。

【上田まりえ】
1986年9月29日、鳥取県境港市生まれ。実家は元イカ釣り漁船の網元で、海に囲まれた土地で育つ。趣味は野球、特技は剣道(初段)。2009年3月、専修大学卒業後、同年4月、日本テレビにアナウンサーとして入社。2016年1月に同局を退社後、同年2月から松竹芸能所属のマルチタレントに転向した。レギュラー番組に『5時に夢中!』(TOKYO MX)、『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)など。

撮影■田中麻以

【関連記事】
V6岡田 デビュー当時は「りんごほっぺちゃん」といじられてた
岡田准一と宮崎あおいに交際証言 2ショット写真撮影される
『軍師官兵衛』打ち上げ 縁起物と岡田のスキンヘッドにキス

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP