ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ライブペイント・プロジェクションマッピング・音楽「透明回線」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。

大阪に「透明回線」というチームがいます。彼らは、ライブペイントで描いたグラフィックに、映像・音楽を掛けあわせる集団。

本日は大阪デザインフォーラムでした‼︎今回のマッピング映像は死ぬ気で作りました、、。スタッフのみなさん、お疲れ様でした!ありがとうございました‼︎#透明回線 pic.twitter.com/eKN9PslW5n

— ToshikiNakamura (@nekoguma100) May 15, 2016

映像は、ドローイングと同じく、作品を描いたり、空間を演出したりするための一つの手法として使われるようになりました。まるでキラカードみたいだな、なんて個人的な話はさておき。作品画像をいくつか紹介します。






この部分的な映像演出を見て思い出すのは、ダイハツ・トーテム。傾斜のあるステージに波を投影して、まるでそこにビーチがあるかのように見せるために映像を投影したシーンがありました。砂浜には、動物に扮した演者が寝転がり、傾斜を下ったところには船が置かれたり。

打ち寄せる波の映像が使われたのは、会場全体ではなくほんの一部。ストーリーは舞台上にある人・モノ・音など、全体のバランスによって構成されています。

3人の中でも、その思いは同じだそう。ライブペイント・プロジェクションマッピング・音楽、どれも演出の一つ。よりインタラクティブな体験ができるように、Kinectのような声や動きをキャプチャーする機能や、立体音響、VRの活用を視野に入れていますが、最新テクノロジーにはこだわっていないとコメント。「透明回線」はその実験をするための場だそうです。

2016年8月には、和歌山白浜で一週間に渡り大きいサイズのライブペイント、プロジェクションマッピングショーがあるとのこと。年末は、大阪心斎橋「digmeout ART & DINER」で個展を予定。また、新しい表現に出会えるかもしれませんね。楽しみ!

Licensed material used with permission by 透明回線

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP