体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【復興支援】とっても甘い♪名物メロンをゲット!菊池の道の駅と周辺おすすめスポット

メロン狩り体験

今号から10回にわたって熊本地震「復興支援」企画として、熊本・大分の観光スポットをご紹介していきます。1回目は菊池川や合志川の豊かな水や自然に恵まれた菊池エリアです。

菊池市は県内有数の農業地帯で、多彩な農業畜産物が生産されています。その中で今、旬を迎えているのが高品質でとっても甘い七城メロン。九州じゃらんの道の駅ランキングで常に上位に選ばれる「道の駅七城メロンドーム」でメロンや旬の野菜、果物、加工品のお買物をしたら、ランチは菊池市のB級グルメ「菊池の福丼」で地元の味を存分に味わってみましょう。

せっかく、菊池一族の城下町に来たので武者や女官になりきって写真をパチリというのも思い出に残りますね。帰りには、お得な「周湯券」を利用して美肌効果が高いという菊池温泉でゆったり。丸ごと1日、菊池エリアで遊んでみませんか?

菊池の震災被害と復興状況

熊本市内から北へ25㎞ほどの菊池エリアも少なからず熊本地震の影響を受けました。

最も被害が大きかったのは菊池渓谷。渓谷の広河原から上流部分で発生した土砂崩れのために復旧には時間がかかり、今シーズンの入谷は難しいそうです。現在も菊池と阿蘇を結ぶスカイライン、県道45号線は通行止めになっています。

一方、それ以外の観光スポットや飲食店、宿や温泉施設はしっかり通常営業に戻っています。安心して菊池のグルメや温泉、史跡などを楽しんでください。

エリアの復興状況は、菊池観光協会のホームページ(http://www.kikuchikanko.ne.jp/)やFacebook(https://www.facebook.com/kikuchikanko/)でチェックできます。

菊池エリアの魅力って?

自然が生み出す景観と温泉、そしてご当地グルメ!

菊池市には、毎年、約30万人が訪れる変化に富んだ渓流と美しい森林が作り出す「菊池渓谷」、日本名湯百選に認定された「菊池温泉」、そして歴史を物語る古代山城のひとつ「鞠智城」など観光スポットが点在します。

また、江戸時代から皇室や将軍への献上米を作るほどの米どころとして知られるほか、畜産・酪農地としても有名で、米、果物、野菜、乳製品、肉などのご当地グルメに事欠きません。最近では菊池で生産される農畜産物を活用した新名物「菊池の福丼」や「きくちあいす」なども人気を集めています。

菊池の夏を熱く彩る「きくち夏まつり」は8月6日(土)(荒天時は翌7日)に開催予定。長さ50mの白龍と子白龍が商店街を練り歩き、フィーナ―レでは3000発の花火が打ち上がります。メロン狩り体験 毎年、6月と10月にはメロン狩り体験も開催。詳細は菊池観光協会のホームページ(http://www.kikuchikanko.ne.jp/)にて菊池温泉

菊池温泉ではわかさず、ぬるめず、循環させない源泉100%のかけ流しの湯が楽しめる

道の駅七城メロンドーム「メロン」

旬のメロン&加工品、自慢のお米や野菜も豊富

国道325号沿いに出現する3つのメロンの屋根が目印の道の駅。定評のある七城米をはじめ、野菜や果物がズラリと並びます。

なかでも、網目がきれいで糖度14度以上という甘いメロンは七城の名物。7月になると数あるメロンの一つ「アールスメロン」(12月中旬まで)が旬を迎えます。中身はやや黄色っぽいグリーン、ジューシーな果肉はきめ細やかでさっぱりとした甘さ。高い栽培技術の中で改良を重ね続けてきた最高級メロンの価格は1個1700円から、2個3500円前後です。

※ただしサイズ・等級によっては1個入りに出来ない商品もあります。

このメロンの美味しさをギュッと詰め込んだソフトクリームやゼリー、ジュースなど加工品も充実。お買物や休憩に立ち寄ってみてください。七城メロンドーム
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。