ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やりすぎる日焼け対策は間違い?シミ・そばかすは、食生活から原因を解消!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。室谷真由美です。日焼け対策に、UVカットや日焼け止めを使用しているかと思います。しかし、それだけでは不十分かもしれません。

日焼け対策は、UVカットや日焼け止めだけでは不十分?

日焼け対策には、何と言っても「日焼け止め」。しかも、SPFの数字や+の数だけで選んでいませんか?UVカットの日傘やサングラス、腕のカバーなど、ありとあらゆる商品を使って、完全防備!でも、本当にそれだけで大丈夫?

そもそも日に当たらなければ、もちろんメラニン色素を生成することはないかもしれませんが、私たちの体は、紫外線の刺激によってメラノサイトがメラニンを作るように指令を出し、活性酸素を吸収・分解して作られるのがメラニン色素なのです。ですから、日焼けをし、メラニン色素が増えるということは、活性酸素がメラノサイトを撃退した証拠となります。そして、ターンオーバーによってメラニン色素を含んだ細胞が表皮に現れ、そのおかげで紫外線からお肌を守ることができるのです。

では、どのように日焼け対策していくのがベストでしょう?

適度に太陽を浴びてビタミンDを生成しよう

「美白でいるためには絶対太陽を浴びてはならない」そう思われていらっしゃる方も多いかもしれません。ですが、太陽を浴びることによって生成される栄養素である「ビタミンD」。真っ赤に日焼けするほど長時間、素肌でいるのはオススメできませんが、適度な日常の日光浴は、体にはとってもいい効果をもたらします。

シミやそばかすができてしまうのは、どの女性も同じだと思いますから、シミの原因、そばかすの原因になるものを食べないようにすることのほうが大事。結局、肌に現れてくるものは、食べたものの排泄でしかありませんから、シミやそばかすは自業自得。


シミは、血液中の動物性食品が、老化や日焼けなどによって酸化し、一か所にあつまってできたものです。そばかすは、甘いお菓子や加工食品などに含まれる白砂糖をはじめとする砂糖全般と、乳製品、そしてじゃがいもの取りすぎが原因です。牛乳を毎日飲むのもそばかすの原因になっていますので、ご注意ください。

最後に

まずは、紫外線の気になる季節だけでも食生活から原因を減らして、オーガニックの日焼け止めなどを使い、肌に負担をかけないようにしながらも、気持ち良く太陽を浴びたいですね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

揚げ物を食べてもOK!太らない食べ方のコツ3つ
むくんで、冷えて、痩せない足に効く!下半身太りは「爪もみマッサージ」で解消
【レシピ付き】低カロリーなだけじゃない!脂肪分解酵素を含む「きゅうり」でダイエット!
秘訣は「足指」!憧れの美脚を手に入れる方法3つ
落ちすぎるクレンジング剤は危険!?合成界面活性剤フリーで、肌のバリア機能を守る

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。