ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カクテルレシピが一目瞭然。今宵、イラストつきグラスで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。

そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。ベストな配合が手描きのイラストで描かれているので、パーティでもくすっとみんなの笑顔を引き出せちゃうかも。

「必要ないでしょ!」という人も、そんなに肩肘張らず、このポップな世界に酔いしれてみませんか?

01.
「ミモザ」

このグラスを使えば「ミモザ」の作り方も一目瞭然。シャンパンとオレンジジュースの割合はご覧の通りで、実際に入れてみると色もついてかわいいですよね。

02.
「マティーニ」

こちらはマティーニ。ジンとベルモットの割合が図解されています。作者はオリーブ2つがお好みの様子。

03.
「マルガリータ」

テキーラベースに、ライムとトリプルセックをご覧の配分で。そして塩を少々。

04.
「ブラッディ・マリー」

ウォッカベースに、トマトジュース、レモン、ホットソース(タバスコなど)、ブラックペッパー、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)、セロリ塩、ウスターソースを。

05.
「モヒート」

メインはラム。そこにライム、ミント、クラブソーダを。

06.
「ウォッカトニック」

ウォッカトニックの配分はどのくらいだったっけ?と思ったときも大丈夫。氷とライムも忘れずに。

07.
「スコッチ&ソーダ」

スコッチ&ソーダも、ご覧の通り。

08.
「ホットトディー」

ウィスキーにハチミツ、シナモンを加えてお湯を注げば、ホットトディーの出来上がり。

作者はいたってマジメに「ベストなレシピ」をグラスで表現していますが、他の飲み物を入れて使いにくいのが玉にキズ。でも、全種類揃えてカウンターに並べたら、けっこう絵になるかもね。

Licensed material used with permission by UncommonGoods

関連記事リンク(外部サイト)

【仰天】世界各地「二日酔いに効く」とされる食べものが、あまりにデンジャラス
NYミシュランシェフ考案の「廃棄食材」を使った料理。みんなで作って美味しくで食べて
台湾の「可愛(カワイイ)」とLONDONの「キッチュ」がコラボすると、カバンはこうなる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP