体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

声の強弱/発音/吐息を操れる機能搭載『初音ミク V4X』予約受付開始

エンタメ
声の強弱/発音/吐息を操れる機能搭載『初音ミク V4X』予約受付開始

 音楽づくりの全てが揃った初音ミクの決定版『初音ミク V4X』『初音ミク V4X バンドル』のパッケージ版とダウンロード版が、2016年8月31日に発売される。それに先駆け、7月1日からパッケージ版の予約受付が開始となった。

『初音ミク V4X』ロゴ

 本商品は、『VOCALOID2 初音ミク』から『初音ミク・アペンド』『初音ミク V3』と進化してきた音源が徹底して磨きこまれたソフトウェア。歌声データベースは、音楽スタジオで大量に収録された声優・藤田咲の声に各種編集を施し、様々な声色を含む形で丁寧に制作された。歌声を拡張するために新たに設計された機能群「E.V.E.C.(イーベック)」では、今までのVOCALOIDでは実現が難しかった細やかな声(母音)の表情付けや、発音の切り替え、吐息の抜き方の設定が可能となった。より自然により表現豊かになった「初音ミク」は、ポップス、ダンス、ロックほか、どんなジャンルも、歌詞とメロディを打ち込むだけで、使用者の思うままに歌ってくれる。

 また、『初音ミク V4X バンドル』には、上記に加えて英語対応の歌声データベースも搭載。なお、英語圏の海外ユーザー向けには、英語の歌声データベースのみを収録した『初音ミクV4 ENGLISH』がダウンロード版として発売される。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会