ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

温泉ソムリエ推薦!何度でも入りたい!泉質や絶景が忘れられない「みちのくの名湯」TOP5!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本全国、津々浦々の温泉を知り尽くした「温泉ソムリエ」。そんなプロフェッショナル達が自信を持っておすすめする、東北の名湯TOP5をご案内!

もちろん全てが源泉100%。大自然に抱かれた野湯や、混浴露天風呂など、温泉地としての環境も個性豊か。色濃く残る温泉文化にきっと魅了されるはず。

温泉ごとに違う色、肌触り、香りと五感で堪能できるのもうれしいポイント!

「温泉ソムリエ」が語る魅力を聞けば、きっと入りたい温泉が見つかりますよ。

名高い湯から秘湯めいた穴場まで、みちのくの名湯の魅力をたっぷり教えます。

1.乳頭温泉郷【秋田県仙北市】

半径50mに4種類の源泉。週に一度の透明な湯は珍景です。

鶴の湯の混浴露天風呂。女性に人気の湯 温泉ソムリエ

岩手県 遠藤香織さん

秘湯ブームを盛り上げた温泉郷。特に「鶴の湯」は乳白色の湯に魅了され、4種類の源泉の効能がそれぞれ異なるのも魅力です。月曜日の午前中が露天風呂の清掃日。湯を新たに張るため、珍しい透明な湯に遭遇します。

\ここが太鼓判!/

足元からプクプクと自噴する湯で満たされる露天風呂が絶品!江戸時代に時空を超えたような景色です。すべての人を癒やしてくれます。(東京都・石岡直也さん)

温泉郷の一番奥に位置する黒湯温泉が好きです。開放感抜群の混浴露天風呂や別棟の打たせ湯も。源泉で茹でた黒玉子も美味いですよ。(埼玉県・片野浩克さん) 乳頭(にゅうとう)温泉郷

TEL/0187-46-2244(乳頭温泉組合事務局)

住所/秋田県仙北市田沢湖

※黒湯温泉のみ11月中旬~4月中旬 冬期閉鎖

「乳頭温泉郷」の詳細はこちら

2.黄金崎不老ふ死温泉【青森県深浦町】

目には荒磯の岩場と日本海!自然と同化する感覚です。

湯船から手を伸ばせば波に届きそうなほど 温泉ソムリエ

北海道 畑井康江さん

日の出から日没まで限定の絶景露天風呂。湯に浸かるまでがアトラクションのよう。露天風呂の扉を開けると、その絶景に歓喜の声!岩場を30mほど歩くと浴槽が。橙黄色の湯は鉄を含む塩化物強塩泉で、温まります。

\ここが太鼓判!/

海に入っている気さえしてしまうほどで、特に夕日の景色は絶景この上なし!熱めのお湯も私好みです。館内の大浴場からも絶景は望めます。(愛知県・河井和美さん)

垂直に指を沈めると、第二関節から下は見えなくなるほどの濃い濁り湯。西へ広がる日本海の夕日は、大切な人と一緒に入りたいと思うはず。(東京都・武藤弘さん) 黄金崎(こがねざき)不老(ふろう)ふ死(し)温泉

TEL/0173-74-3500

住所/青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15-1

「黄金崎不老ふ死温泉」の詳細はこちら

3.国見温泉【岩手県雫石町】

ここまで濃厚で美しい緑色の温泉にビックリ。

白い湯の花が沈殿した石塚旅館の浴槽 温泉ソムリエ

奈良県 金裕美さん

蛍光色のような鮮やかなエメラルドグリーンにビックリ!その色に相反し、湯に浸かると爪や足の裏が真っ黒になり、印象に残りました。泉質は含硫黄の重曹泉なので、ツルツル肌が期待でき、女性には嬉しいお湯ですね。

\ここが太鼓判!/

石塚旅館は、冬季休業になる秘湯の宿です。人気の岩風呂の混浴露天風呂は、山肌と岩風呂だけの景色を満喫でき、湯の花がたっぷりです。(宮城県・佐藤昭さん)

ここの特色は「緑色の湯」。入浴剤を入れたの?と思われるほどの鮮やかさ。これは天然成分からの色で、多くの温泉有識者もこの湯を絶賛しています。(宮城県・南博之さん) 国見(くにみ)温泉

TEL/019-692-5138(しずくいし観光協会)

住所/岩手県岩手郡雫石町橋場湯国温泉

※11月上旬~5月上旬 冬期閉鎖

「国見温泉」の詳細はこちら

4.酸ヶ湯温泉【青森県青森市】

歴史を感じさせる湯治場。湯に浸かる幸せを感じます。

古く江戸時代より湯治場として名高かった 温泉ソムリエ

東京都 伊東玲花さん

名物ヒバ千人混浴風呂は入るべき!白濁したにごり湯は、強酸性で肌がぴりりと引き締まり、濃い硫黄成分が血流を促してくれるのが嬉しいです。特にアクセスが悪くなる時期に入る、秘湯感MAXの冬の酸ヶ湯にゾッコンです。

\ここが太鼓判!/

お湯の色に香りに酸っぱい味に感動します。昔からの建物や混浴が今も残り、ここは女性も入りやすいので、混浴文化を満喫できると思いますよ。(静岡県・斉藤雅子さん)

開湯300年。趣のある木造の建物でお湯は濃い硫黄泉です。翌日まで体に香りがまとわりつくほどで、温泉に入ったという充実感満点です。(神奈川県・森岡俊也さん) 酸ヶ湯(すかゆ)温泉

TEL/017-738-6400

住所/青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50

「酸ヶ湯温泉」の詳細はこちら

5.鳴子温泉郷【宮城県大崎市】

9種類の泉質が楽しめる温泉パラダイスです。

夜22時まで入れる「滝の湯」。なんと150円! 温泉ソムリエ

東京都 堀越熱生さん

全11種類ある泉質のうち9種類がある温泉郷。中でもシンボルでもある共同浴場「滝の湯」は温泉好きにはたまらない温泉です。湯治場の風情を醸し出し、酸性泉でもお湯はやわらかく、入浴後はいつまでもポカポカ!

\ここが太鼓判!/

多彩な泉質を湯巡りで楽しめるのがここの魅力。素朴な湯治宿が多く、立ち寄り湯に門戸が開けているため、湯巡り手形の活用がお勧めです。(滋賀県・TAKEさん)

「滝の湯」がお気に入りです。総ヒバ造りの浴舎と、含有成分が多彩な白濁した湯に打たせ湯、さらに湯のフレッシュ感と、どれも最高です!(埼玉県・飯塚玲児さん) 鳴子温泉郷

TEL/0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)

住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元

「鳴子温泉郷」の詳細はこちら

※この記事は2016年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

7月3日はソフトクリームの日! ご当地ソフトクリーム9選
クジラにペンギンタッチから屋台まで!夏の高知おすすめスポット3

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP