ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんの変哲もない街の電球。実は、夜になると・・・(ポルトガル)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。

そう、いまのところは──。

昼は味気ない風景。

しかし、夜になると……

赤、青、緑などなど、鮮やかな照明となり、あたりは一気にいいムードに。

しかもコレ、よ〜く見てみてください。

この銀色の物体、
実は◯◯だった。

銀ボディの電球の正体は、「洗濯機のドラム」。

これは、エコな暮らしを促進するNPO「Teatro Metaphora」が企画したインスタレーション。壊れて使えなくなった133のドラムを収集し、ライトとして再利用。「A Midsummer Night’s Dream」と題し、夜空を鮮やかに彩ったというわけ。

もしかしたら、いまあなたが捨てそうになっているモノも、視点の転換ひとつで価値あるモノに再生できるかも?

Photo by Andriy Petryna
Reference:CONTEMPORIST
Licensed material used with permission by Teatro Metaphora

関連記事リンク(外部サイト)

あなたが若いうちに旅に出るべき最大の理由3つ
タジンだけじゃない。日本でもジワジワとファンを増やしているモロッコ料理を知ろう
「MOM I'M FINE!」世界中から母親にメッセージを送る旅人にほっこり

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP