ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

揚げ物を食べてもOK!太らない食べ方のコツ3つ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

揚げ物を食べてもOK!太らない食べ方のコツ3つ
ダイエット中は「揚げ物禁止令」を出している人が多いと思います。「でも、どうしても食べたくなる……!」大丈夫です。次のような工夫をすれば、ダイエット中でも揚げ物を楽しむことができるんですよ。

“揚げ物”を食べても太りにくくするコツ3つ

(1)揚げ物以外も食べる
大好きな揚げ物を我慢することは無理!という場合でも、揚げ物だけを食べるのではなく、他の食材も食べることなら取り入れやすいのではないでしょうか。

つまみは“色や種類が豊富になるように”選ぶことで、体内活動を活発化させる様々な栄養を摂取でき、脂肪の少ない食材も食べることができます。汁物は満腹感を得やすいため特におすすめ。身体が温まり、具の種類も豊富な“豚汁”や“鍋料理”などをプラスすると代謝もあがってGOOD。

色や種類が豊富な食事のイメージ
(2)脂肪分をなるべく体に吸収させにくくする食材をチョイス
副菜には、積極的に野菜、海藻、きのこなど食物繊維が豊富なものを加えましょう。食物繊維には脂肪の吸収を抑制する働きがあります。また、生の食べ物には酵素が豊富に含まれていますから、生野菜や大根おろし、レモン汁などを添えるのも効果的です。

また、体に入った脂肪を代謝させてエネルギーに変えるサポートをする“ビタミンB2”も積極的に摂取したいもの。肉や魚、チーズなど動物性食品、舞茸・エリンギに多く含まれます。

揚げ物のイメージ
(3)食べる時間を工夫する
揚げ物は“夕食のメイン”として食べることが多いかと思いますが、身体に負担をかけず太らないようにするためには、体内が活動的な昼がベスト。

朝食では胃腸に負担をかけやすく、夕食だと消費するエネルギーが少ないため、脂肪として蓄えられやすくなります。

揚げ物のイメージ
「どうしても食べたいけれど、これ以上脂肪を増やしたくない!」という場合は、食べ合わせや時間を工夫することが大切。毎日揚げ物では痩せることは難しいですが、週に1~2度までなら問題ありません。“ゼロにする”のではなく、工夫を取り入れて楽しみながら量を調節していきましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

むくんで、冷えて、痩せない足に効く!下半身太りは「爪もみマッサージ」で解消
【レシピ付き】低カロリーなだけじゃない!脂肪分解酵素を含む「きゅうり」でダイエット!
秘訣は「足指」!憧れの美脚を手に入れる方法3つ
落ちすぎるクレンジング剤は危険!?合成界面活性剤フリーで、肌のバリア機能を守る
入れるだけダイエット!体内を燃焼モードにする「パワースパイス」3選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。