ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「北海道」と「駅ナカ」が幸運! 宝くじ高額当せん売り場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ホラ見てくださいよ! 予想的中です!」。ドヤ顔の女性セブン宝くじ担当K記者は、周囲の視線もかまわず声を張り上げた。

「本誌が今年取り上げた『北海道』『駅ナカ』の売り場で、高額当せんが続出したんです。ココもココもココも、7億円ですよ!」

 K記者が担当した記事は『駅ナカ売り場が狙いです!』(女性セブン2月18日号)、『北海道の“新幹線パワー”で当てる!』(女性セブン5月26日号)の2つ。今回のドリームジャンボでは1等5億円が15本、前後賞1億円が30本の計45本の億当せんが発生したが、そのうち15本、実に35億円が「北海道」「駅ナカ」売り場から出たのだ。風水師の伊藤夢海(ゆみ)さんが解説する。

「北海道は、今年3月に北海道新幹線が開通し大フィーバー。往来が増えると、運気も人の波に乗って集まってくるんです。駅ナカ売り場も同じで、多くの人が集まる場所に金運が集まります。加えて今年は申年。猿が群れをなして暮らすことから、人の集団に幸運が寄ってくる年です。北海道や駅ナカに高額当せんがたくさん出たのは当然の結果といえます」

 それでは、具体的に「億当せん売り場」の幸運の秘訣をひもといていこう。

 まずは、北海道旭川市の『旭川駅前チャンスセンター』。1972年に始まった日本初の恒久的歩行者天国である「平和通買物公園」という大通りの目の前で、多くの観光客が行き交う場所にこの売り場はある。

「2014年に約16年間続いた駅周辺の再開発プロジェクトが完了したとたん、地域医療等振興自治宝くじの2等1000万円が出ました。さらに昨年ドリームジャンボミニで1等7000万円。今回のドリーム7億円で3年連続の高額当せんですから、この先もどんどん大当たりを出していきたいですね」(豊田店長)

 実績もすごいが、今回一気に7億円までジャンプアップした幸運のアイテムがある。

「売り場窓口に置いていた招き猫が、お客さんから撫でられたりしているうちにかなり古くなっていたんです。そこで、ドリーム直前の4月にゴールド招き猫にチェンジしました。金色だからさらに縁起がいいってお客さんからも評判で、その直後に7億円です」(豊田店長)

「駅ナカ売り場」の筆頭は『宝くじロトハウス JR千葉駅前店』。2010年のドリームジャンボで1等・前後賞合わせて3億円。2013年のオータムジャンボで1等・前後賞合わせて3億9000万円などの実績を誇る。

「繁華街やオフィスにも面してますから、サラリーマンから主婦、お年寄りまでたくさんのお客さんに利用していただいてます。1992年に開店してから今年で25年目なんですが、それの前祝いか、昨年11月にはBIGで約7億3000万円が飛び出しました。そして今回の7億円。でも、節目の年ですからまだまだ満足しませんよ」(販売員の元澤廣子さん)

 東京の空の玄関口に売り場を構える『モノレール羽田空港駅南口』は、改札からわずか10mほどの距離にある。

「モノレールと空港を結ぶ場所にあり、圧倒的にサラリーマン男性が多いです。うちの自慢は3人のベテラン販売員。1人でも多く高額当せんが出ますように、と願いながら宝くじを販売しています。やっぱり大当たりって、続くものなんですよ。今回の7億円の前にも、昨年の年末ジャンボで10億円が出てますからね」(販売員の松本エミ子さん)

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
宝くじの億当せん・総額21億円当たった静岡の売場に県外客も
宇部市宝くじ売場 1等続出で09年からの高額当選総額13億円
ダジャレ開運グッズで“億当せん”続出の激ツキ宝くじ売り場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP