ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

孫への「お盆玉」対応策 500円玉専用袋の活用など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、新しく加わった夏の風物詩に「お盆玉」がある。お年玉のお盆版のことで、2010年に山梨県に本社を構える企業が商標登録し、2014年から郵便局も取り扱うようになってから全国へ広がった。お年玉の相場は、「年齢÷2×1000円」が一般的だが、お盆玉はこれより少し少ないのだという。

 孫への出費が負担になるシニア世代が増えているというが、孫からねだられるだけならまだしも、親が煽るケースもあるという。2年前に定年退職した福岡在住の青木正行氏(仮名・67歳)は、昨夏の出来事をこう振り返る。

「孫が帰省した8月はお盆玉用ポチ袋商戦の真っ只中。ショッピングモールではキャンペーンも行なわれていて、それを見つけては嫁が『お盆玉だって。じぃじはいくら入れてくれるかなぁ~』と孫に話しかける。

 当然、孫は期待しますよね。あげないわけにはいきません。孫に会えたのは嬉しかったのですが、予定外の出費だったため、孫たちが帰った後、妻に怒られ、その後の食卓は普段より寂しかった」

 青木氏のように、自らの生活が犠牲になってしまう場合もある。しかし、身を削ったところで孫との幸せな関係が築けるとは限らない。家族問題評論家の宮本まき子氏が解説する。

「子どもは貰ったその場で中身を確認するので、複数人の孫がいれば全員同額にしなければいけない。相手方の祖父母が渡すであろう金額を予想して、恥ずかしくない額を用意しなければいけない。

 そうした考えから、無理して高額を用意する祖父母がいるのですが、無理が続けば、孫が遊びに来ること自体を憂鬱に感じてしまったり、子ども夫婦との関係悪化を招きかねない。実際、お金が原因で孫に会わなくなったケースもあります」

 孫のために我慢を重ねた結果、関係が悪化するのならば本末転倒。急速に普及するお盆玉に、対応策はあるのか。NPO法人孫育て・ニッポン理事長の棒田明子氏がいう。

「親が毎月渡すお小遣いとは違うので、正直、気分次第であげるあげないを決めるくらいでもいいのです。自分たちの生活が後々苦しくなるのであれば、無理なものは無理ときっぱり断わる勇気も必要です。

 あげる場合でも、金額を抑えるよう工夫する。最近では500円玉がちょうど入る小さめのお盆玉袋が販売されています。コインの中で一番大きな500円玉が嬉しい子もいますから、こうした袋を利用するのもひとつの手です」

「お盆玉ちょうだい」の笑顔に騙されてはいけません。

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
夏休み「お盆玉」の憂うつ 「孫に会うのにカネ必要…」
高齢者悩ます「お盆玉」 郵便局ポチ袋販売額は前年比106%
「お盆玉」「恵方巻き」「甘酒」 冬の習慣が夏に登場する訳

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP