ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若返り効果も?!夏レシピ!キーマカレー&マンゴーラッシー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

知ってた?カレーの知られざる効果とは

皆さん、カレーは好きですか?
お母さんが作ってくれる昔馴染みのカレーはもちろん、タイカレー、インドカレー、スープカレー、キーマカレー、巷にはたくさんのカレーがあります。
でも実は、カレーって美味しいだけじゃないんです!
美容や健康にとても良い効果があるんですよ♪ 今回は、美味しいだけじゃないカレーの魅力をまとめてみました♪
カレーには…
・美肌効果
・ダイエット効果
・肝臓、胃腸の働きを活発にする
・疲労回復効果 などの美容、健康効果があるんです!
ウコンやカルダモン、コリアンダーやクミン、シナモン…等々のスパイスは、漢方薬として使われているものが多く、肝臓・胃腸の働きを良くしたり、せき止め、疲労回復、殺菌作用、下痢止め、風邪・肥満・二日酔い・冷え性・肩凝り予防などさまざまな健康効果をもたらします。
つまり、カレーを食べることで機能が改善し若返り効果も期待できる。結果、加齢臭予防にもなるというのです! 世の中のお父さんに朗報ですね♪
より健康効果が期待できるのは、欧風カレーより薬膳カレーや本格インドカレー。また、家で作る際は、動物性油脂がたくさん含まれているカレールゥを使うよりも、カレー粉で作るのがオススメ。
カレーに含まれるウコン(ターメリック)は、お肌の殺菌・浄化作用もあり、お肌の調子を整えてくれます。肌トラブルや湿疹にも効能があるとされ、インドでは薬として、ニキビや吹き出物のケアに利用されてきました。インドの女性は、暑い直射日光を浴びている割に、肌艶の美しい女性が多いんです。美肌の秘密はカレーにあったのですね。
カレーって最強の美容メニューなんですね!
手軽にルゥを使いたい所ですが、最初にスパイスさえ揃えておけばいつでも作れますよ。健康と美容のために、自分流のカレーを作ってみませんか?
今回は野菜もたっぷり入れた、スパイシーなキーマカレーのレシピをご紹介します♪

 

艶肌GET♪キーマカレーの気になる栄養素は?

レシピをご紹介する前に、使用する材料の栄養素についてまとめてみました。
・豚ひき肉:たんぱく質とアミノ酸が豊富。
・玉ねぎ:野菜の中では糖質とビタミンB6が多い。辛味成分には血液をサラサラにする効果があります。
・にんじん:食物繊維とカリウムが多い。カロテンの多さは全食品の中でもトップクラスで、ケタ違いの含有量を誇るんです。
・セロリ:食物繊維やビタミンC、E、カリウムを豊富に含み美容効果が高いです。
・椎茸:血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧を予防! 食物繊維が豊富で腸の働きを活発にします。
・にんにく&生姜:とにかく良い(笑)
こうやって改めて見ると、凄く健康的な食べ物ですね♪

 

栄養たっぷり♪キーマカレーのレシピ

■材料(2人分)
・ひき肉(豚・牛・鶏お好みで):200g
・玉ねぎ:小1個
・にんじん:小1本
・セロリ:1本
・椎茸:2~3個
・にんにく(刻み):一片
・生姜(おろし):小さじ1
・好みのオイル:大さじ1/2
<スパイス>
・ターメリックパウダー:小さじ2
・ガラムマサラ:小さじ1
・クミンパウダー:小さじ1/2
・レッドペッパー:小さじ1/2
・他 好みのスパイス入れて下さい!
※スパイスがない場合はカレー粉:大さじ2~3(もっと手軽なら市販のカレールゥ2~3個)
コンソメスープ:水150ml弱に類粒コンソメ大さじ1〜2を溶かす
・ケチャップ:大さじ1〜2
・塩:小さじ1/2
・ブラックペッパー:適量
・月桂樹の葉:2枚
・パセリ:適量
・温泉卵:2個
・ごはん:適量
■作り方
①野菜をすべてみじん切りにする。
②フライパンでオイルを弱火で熱し、にんにくを入れて香りが立ったら、①の野菜を加えて中火で炒める。その中にひき肉と生姜を入れてさらに炒める。(玉ねぎはあめ色になるまで炒めるとカレーの美味しさ倍増!)
③②にスパイスを加えて全体的に馴染ませ、コンソメスープ、ケチャップ、月桂樹の葉を入れ水分がなくなるまで煮詰める。最後に塩とブラックペッパーで味を整える。(甘みが足りない時はケチャップを追加)
④器にごはんとカレーを盛り付け、刻みパセリを散らし温泉卵を乗せる。

 

カレーにはやっぱりマンゴーラッシー♪

カレーの辛みをまろやかにしてくれる、マンゴーラッシー。実はこちらも、美容と健康にいいドリンクなんです。
【マンゴー】
豊富なβ-カロテンが含まれています。女性の天敵、シミやそばかすの一因となる活性酸素を除去する抗酸化力に優れているんですよ!
これは、ビタミンC、Eと一緒に摂ると相乗効果が得られ、なんとマンゴーにはこれらのビタミンが全て含まれているのです。
また、色素沈着を防ぐためにはお肌のターンオーバーを促すことも大切。マンゴーはターンオーバーに関わる葉酸も豊富な上に、メラニン色素の沈着を防ぐビタミンCにも富んだ美肌をつくる果物なのです。マンゴーって美味しいだけじゃないんですね!女性には嬉しいオススメ美容フルーツです!
【ヨーグルト】
良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミンBなどを豊富に含み、牛乳よりもカルシウムの吸収率が高いんです。カゼインや乳酸菌の働きにより、腸内の善玉菌を増やしピロリ菌の撃退、腸内の発ガン物質を除去して大腸がんの予防、有害菌増殖の抑制、消化吸収の促進などの効果が。さらに腸内で乳酸菌が増えることで便通を良くし、免疫機能を向上させる働きもあり、病気に対する抵抗力を高めてくれます。骨粗鬆症や高血圧の予防にも期待ができます。
マンゴーとヨーグルトのダブル美容食材で、美味しいマンゴーラッシーを作りました。簡単に作れるので皆さんもぜひ、作ってみて下さいね!

 

美容効果に期待大!マンゴーラッシーのレシピ

■材料(2人分)
・冷凍マンゴー:100g
・プレーンヨーグルト:250g
・牛乳:250ml
・マンゴーピューレ:大さじ2 (ハチミツ可)
・レモン汁:小さじ2
・ミント:2枚
■作り方
全てミキサーに入れて撹拌(カクハン)し、グラスに氷を入れラッシーを注ぎミントを添えれば完成です♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP