ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

噛むほどに肉のうまみが出てくる短角牛のTボーンステーキ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月30日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系、午前11時55分~)では、初夏の鎌倉の細い道を散策した特集で、高田延彦さん、日本テレビアナウンサーの水卜麻美さん、平成ノブシコブシの吉村崇さん、徳井健太さんらが「Biotecca・イタリア肉食堂(ビオテッカイタリアニクショクドウ)」(神奈川県鎌倉市)を訪れた。

江ノ島電鉄長谷駅から徒歩6分ほどにある同店は、一軒家を改装したイタリアンレストラン。オーナーシェフが厳選した牛肉を使った「特選牛で作る贅沢ミートソース」(1300円/税込み)や「熟成牛のハンバーグ」(1600円/税込み)などの料理が味わえる。

番組内ではイチオシメニューとして「北海道産短角牛・Tボーンステーキ」(800g10000円/税込み)を紹介。北海道や北東北で飼育されている短角牛は脂肪の少ない赤身肉が特徴。そんな短角牛のTボーンを炭火で約10分間じっくり焼くと焼き上げ、塩・胡椒・オリーブオイルでシンプルに味付けしている。イタリア産の赤ワイン「ラ・チェレータ・ソラティオ・デッラ・チェレータ」(5000円/税込)と共に頂いた。高田さんは「うれしくて顔がわらっちゃうな」「これやばい!うまい」「硬さもちょうどいいし、噛んでると肉の風味がガンガン出てくる」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:ビオテッカ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:鎌倉のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:鎌倉×洋食・西洋料理のお店一覧
玄界灘の海の幸「イカ刺し」と「鯛とブリの丼」
ご当地グルメ「富士宮焼きそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP