ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道・幌加内産のそば粉を使用した手打ちそば「そば玄ランチ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月30日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、東海道・島田宿~大井川の間を、静岡が日本一の茶所になった秘密を探りながら旅した中で、藤田朋子さんが「そば玄」(静岡県島田市)を訪れた。

同店は、島田宿大井川遺跡川越街道の一角にある、手打ちそば、寿司や和食などが味わえるそば処だ。

番組内では、「そば玄ランチ」が紹介され、その中の小鉢の一品、白板昆布を甘酢で煮て、くるっと巻いた料理を藤田さんが食べると「うん、美味しい」「一つ一つの一品料理を食べているみたいな味ですよ」とコメントした。続いて、店の自慢だという北海道・幌加内産のそば粉を使用した手打ちそばをつゆにつけずそのまま食べると「うん、コシがあって美味しい」とコメントし、つゆにつけて食べると「素晴らしい」と味に納得した様子でコメントした。

その後、店内で使用する器のほとんどが店主の手作りだと聞き、感心した様子で「そば玄ランチ」の味にも器にも十分に満足した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:そば玄(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:島田のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:島田×和食のお店一覧
玄界灘の海の幸「イカ刺し」と「鯛とブリの丼」
ご当地グルメ「富士宮焼きそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP