ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玄界灘の海の幸「イカ刺し」と「鯛とブリの丼」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月30日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、次に世界遺産に登録されるかもしれない「世界遺産候補」とその周辺を坂田陽子さんが巡り、「おふくろ食堂・はまゆう」(福岡県宗像市)を訪れた。

同店は宗像大社近くの道の駅内に居を構える食堂。新鮮な海の幸を味わうことができる。店内はセルフサービスカフェテリア形式で、好きなメニューを選んで組み合わせることができる。
坂田陽子さんが選んだのは「イカ刺し」(370円/税込み)と「鯛とブリの丼」(830円/税込み)。

玄界灘で獲れた身の締まったイカと甘辛い九州醤油を使った「イカ刺し」を一口食べた坂田陽子さんは「本当に歯ごたえがいい。スッと歯が心地よく入っていくんですけど、舌の上の感覚は甘みのある旨みが広がっていくんですよ」とコメント。
つづいて箸をのばした「鯛とブリの丼」には「んん! 口に入れた瞬間にじゅわーっとブリの脂が広がっていって、ごはんにまで馴染んでいくというか。そのくらいの脂のノリがありますね!」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:おふくろ食堂はまゆう(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:宗像のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介
ぐるなび検索:宗像×その他の料理のお店一覧
玄界灘の海の幸「イカ刺し」と「鯛とブリの丼」
ご当地グルメ「富士宮焼きそば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP