ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホと連動、12個のLEDライトが点滅してナビゲーションする自転車ベル「Blubel」が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドファンディングサイトKickstarterに、新たな自転車乗り向けのツールが登場している。

イギリス発のBluetooth対応の自転車ベル「Blubel」で、専用のスマートフォンアプリと連動し、さまざまなナビゲーションをおこなってくれる。

IBMEuropean Space Agency Business Incubation Centreのサポートを受け、開発が進められているところだ。

・LEDライトが点灯・点滅してお知らせ

「Blubel」本体のかたちは円形になっていて、マットタイプのシリコン製で手にしっくりなじむ。円の外周に沿うようにして、12個のLEDライトが設置されており、これが点灯・点滅することで、ユーザーへの視覚的なアラートとして機能する。

右折するポイントではライトが右回りに点滅し、左折時には左回りに点滅するといった具合。さらに、次のターンポイントが近づくと、ブザーが鳴り、音でもお知らせしてくれるという。

ずっと点灯したままのLEDライトは最終目的地を示しており、目的地方向を常に把握しながら通行できる。そして目的地に到着したら、すべてのLEDライトが点滅してお知らせする。

こういったナビゲーションのおかげで、ユーザーはスマートフォンに注意をそがれることなく、道路に注目したまま運転ができるというわけだ。

・専用アプリから設定や履歴のチェックをおこなう

使い方はとてもシンプル。ユーザーはまずアプリから目的地を設定し、“Go”ボタンを押す。するとアプリと「Blubel」本体の連動がスタートする。

アプリから、ルートや所要時間、消費カロリーなどが記録されたこれまでの走行履歴をチェックしたり、デバイス本体の設定をカスタマイズすることが可能だ。

・自転車を停めた場所をマップ表示!

駐輪した自転車の場所をマップに表示する機能があり、停めた場所をうっかり忘れがちなユーザーをサポート。

また、ベルが多く鳴らされた場所を“注意エリア”としてマップに表示してくれるのもありがたい機能だ。

1度充電すれば、およそ2週間電池がもつという。

早くも超早期予約価格35ドル(約3500円)、40ドル(約4000円)のプランは売り切れ。興味がある人はお早めにチェックを。

Blubel

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP