ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「旧駅舎残して」原宿駅建て替え問題 地元住民の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、原宿という街が変わろうとしている。2020年の東京五輪に向けた改良工事計画により、原宿駅舎の建て替えが発表されたのだ。原宿駅は今や乗降者数が1日7万人を超え、連休中は駅構内への入場制限を行うほどににぎわう。五輪会場となる国立代々木競技場に近いことから、今以上の混雑は必至だ。このタイミングでの建て替えに「もっともだ」と声が上がる一方で、悩ましい問題が立ちはだかる。

 それは、90年以上の歴史を持つ、都内唯一の木造駅舎の存在だ。とんがり屋根の英国風駅舎は「関東の駅100選」にも選ばれており、親しみを持っている人も少なくない。終戦間際の米軍の空襲で10発の焼夷弾を被弾したが、すべてが不発だったということから“奇跡の駅舎”ともいわれる。旧駅舎保存の有無についてJR東日本に尋ねると、以下のように回答した。

「新しい駅舎は、景観に配慮した原宿駅の新たなシンボルにふさわしい駅舎として、皆様にも愛着を持ってご利用いただけるものとなることを期待しているところです。今後、旧駅舎をどうするかについては、地元の皆様や渋谷区のご意見も伺い、検討を進めて参ります」(広報部)

 旧駅舎が保存されるかどうかは未定だが、すでに駅舎取り壊しに反対の声が上がっている。ふかわりょう(41才)は、AbemaTVでこう発言した。

「地元の駅ならノスタルジーよりも利便性が勝つ。でも原宿駅は“みんなの駅”。ノスタルジーが勝つ駅だと思う。イメージしているものがあるから(旧駅舎は)残してほしい」

 駅舎がどうなるか──それは原宿という街とともにあった地元の名店にとっても一大事。約50年前から原宿駅近くに店を構える、老舗洋菓子店『コロンバン』社長の小澤俊文さんは言う。

「本当に混むんですよ。トイレも渋滞で行列ができますし、改札に入れず道路に人があふれている状態。来訪者に迷惑がかかっているのは事実なので、建て替えの必要性はわかります。でもあの駅舎が建てられた1924年は、当社の創業と同じで、運命的なものも感じているんですよ。

 旧東京中央郵便局舎を移築した『KITTE』とか、旧東京銀行集会所を移築した『東京銀行協会ビル』とか、外壁だけでも残せる手法があるので、旧駅舎は残してほしいですね。これまでも地域行事でJRさんと地元はうまくやってきたから、フレンドシップを取りながら、駅舎問題も解決できると思う」

 同様に、駅舎移築を希望するのは、“原宿といえばクレープ”を根づかせた、1977年創業の『カフェクレープ』社長小野瑞樹さんだ。

「たしかに建て替えは時間の問題と思っていました。ですが、間違っても新興住宅地に多く見られるようなモダンな駅の建物だけはやめたほうがいい。モダンな建物はできた時が頂点で、あとは劣化していくだけです。ディズニーランドのシンデレラ城ではないですが、駅舎自体が原宿のイメージを強烈に印象づけられ、写真を撮りたくなるようなランドマークのようになるのが理想的ですね」

 一方、1965年に日本で初めての億ション「コープオリンピア」を建てたことでも知られる『南国酒家』の三代目社長・宮田順次さんは、建物が問題ではなく中身が大切と主張する。

「最近の原宿の利用人口はキャパを超えていますよ。でも新宿や渋谷のほうが優先順位が高く、原宿の駅前問題は後回しだったんです。東京五輪開催が後押しとなって、やっと開発されることになり、よかったと思います。もともと原宿は、戦後、米空軍の兵舎ワシントンハイツがありましたから、彼ら向けに舶来ものだったり、ハイセンスなものを扱う街でした。

 それはつまり、昔から新しいものを受け入れ、変わり続けるのが街の生き方なんです。古くから原宿に残る人だって、それを受け入れて住んでいるはず。だから駅舎など建物が問題ではなく、原宿という街の歴史をリスペクトして、エッセンスを入れたらいいと考えています。原宿にはクリエーターもたくさん住んでいるんだから、アイディアをどんどん出してもらえればいいと思いますね」

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
【問題】都内最古の木造駅舎は何駅か?(ヒント・山手線)
東京駅を原型に戻す復原工事で駅舎内の延べ床面積は2倍超に
東京駅 バブル期に駅舎つぶして70階商業ビル作る計画あった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP