体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最高のバターナイフで「切る・塗る・盛る」がワンランクアップ! めざせ「カト充」!

f:id:Meshi2_IB:20160501085401j:plain

いいバターナイフを使って切る・塗る・盛るをワンランクアップ!

我々はワンランク上の大人なので、カトラリーが充実したライフを送ろうと思います。つまり「カト充」です。

不便な道具を我慢しながら使ってメシを作り、ストレスを感じながらメシを食う。そんな人生どうですか。僕はイヤです。

「カト充」になればいろいろはかどり、食生活が満たされ人生が上向きになり、人間としてワンランクアップできる……かもしれません。まるでなにかの自己啓発本のようですが気にしないでください。カトラリーを充実させて一緒に「カト充」になりましょう。

たとえば、ご飯のおともの海苔の佃煮。ごはんだよな、という時に食べるアレですが、

スプーンを使うと、海苔がへこみに残ってしまいます。

f:id:Meshi2_IB:20160501085359j:plain

しかしバターナイフなら?

f:id:Meshi2_IB:20160501085400j:plain

きれいに全部使えます。すごい、魔法みたい!

ちなみに使ってる箸を直にビンに突っ込むのは、我が家では衛生的にNGです。

今回の「カト充」はバターナイフの充実を目指します。

カッチカチのバターをヤワくしよう

f:id:Meshi2_IB:20160501085401j:plain

冷蔵庫のバターはカチカチに固くなっていて、いざ使う時に困る!

バターあるあるですよね。

そこでこれ。アーネストの「とろけるバターナイフ」です。

f:id:Meshi2_IB:20160501085402j:plain

二列の穴がチーズスライサーの要領でカチカチバターを削ります。

f:id:Meshi2_IB:20160501085403j:plain

固いバターがぬるぬる削れる快感は使ってみないとわからないかもしれません。

ここまで細く削れたらバターの溶けも早いです。

f:id:Meshi2_IB:20160501085404j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy