体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」

生活・趣味

瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?

いえいえ、張り合うわけではありませんが「山」だって負けていません。愛媛県と高知県との県境に広がる、標高約1,400メートルの四国カルストは、牧歌的な風景が魅力の人気観光地。至る所に手付かずの自然が残り、 晴れた日には太平洋から瀬戸内海まで一望可能なんです。

ここでは、そんな雄大なカルストの麓、自然豊かな高知県梼原町に佇む「雲の上のホテル」を紹介。名前のワクワク感もさることながら、建築的にも高い評価を得ているようですよ。

木のぬくもりを
感じてください。

隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」
隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」

設計は、新国立競技場でもおなじみの建築家・隈研吾。木のぬくもりあふれる作りが印象的で、どの部屋からも美しい緑と雄大な山々が望めます。
隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」

日本最後の清流・四万十川の源流域に位置する源泉かけ流しの「雲の上の温泉」。通称「美人の湯」とも呼ばれる人気の湯では、山の風を感じられます。
隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」

「雲の上のレストラン」と名付けられたこの空間では、雄大な自然牧場で育てられた牛肉料理、四万十川源流で捕れたアメゴ・鮎などを使った川魚料理、津野山郷の山菜料理が堪能できます。
隅研吾が設計した、雲の上の町に佇む「雲の上のホテル」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会