体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小田急線の「複々線化」で見込める3つの効果とは?

小田急線の混雑緩和と所要時間短縮を実現する「複々線化」の全貌

雑踏でにぎわう下北沢の街なかから仮設塀一枚で隔てられた工事現場。現場事務所や重機の脇、地面にポッカリと空いた立坑(たてこう)を降りると、コンクリートで囲われたトンネルが新宿方面に向けて緩い勾配とともに延びる……。2016年6月9日、小田急電鉄は、小田急小田原線の複々線完成による効果説明会と工事現場見学会を開催した。

複々線化は工事着手から30年がかりの難工事

小田急電鉄は、東京都の連続立体交差事業と一体的に「小田急小田原線複々線化事業」を行っている。2017年度には複々線の完成、2018年度には下北沢駅舎を含む事業完了を目指し、東北沢~世田谷代田間の1.6kmの工事を進めている。

首都圏の私鉄のなかでも「混んでいる」という印象の強い小田急線であるが、これまでも車両の長編成化や、運行間隔を短くし増発することによって、通勤ラッシュ時の混雑緩和には取り組んできた。ただし、線路の容量から走行できる列車の本数にも限界がある。

この複々線の完成により、混雑が格段に緩和される。【画像1】地上線路が撤去された下北沢駅付近の複々線工事現場。立坑から地下の緩行線(各駅停車が走行する線路)トンネルの工事現場に入る(写真撮影/村島正彦) 【画像1】地上線路が撤去された下北沢駅付近の複々線工事現場。立坑から地下の緩行線(各駅停車が走行する線路)トンネルの工事現場に入る(写真撮影/村島正彦)【画像2】緩行線トンネルの構築部分。このトンネルの下部に現在供用されている急行線トンネルがある(写真撮影/村島正彦)

【画像2】緩行線トンネルの構築部分。このトンネルの下部に現在供用されている急行線トンネルがある(写真撮影/村島正彦)

そもそも、小田急電鉄の複々線化は、東北沢から和泉多摩川までの10.4kmの区間について、上下線各1本ずつ計2本(複線)から、上下線を各2本ずつの計4本の線路にする事業だ。都市計画を受け工事着手したのが1989年であるから、30年近くの長期にわたって行われている。このうち梅ヶ丘から和泉多摩川までの8.8kmは、既に完成し供用されている。

この「複々線化事業」は、東京都が事業主体となり実施する「連続立体交差事業」と一体的に行われている。2013年3月に地下化し、同区間にあった9カ所の踏切が廃止され、鉄道と道路の安全性能向上や交通渋滞の解消など、連続立体交差事業の効果が現れている。【画像3】複線と複々線化の比較(画像提供/小田急電鉄) 【画像3】複線と複々線化の比較(画像提供/小田急電鉄)【画像4】経堂~千歳船橋間の複々線区間(2004年完成済み)(画像提供/小田急電鉄)

【画像4】経堂~千歳船橋間の複々線区間(2004年完成済み)(画像提供/小田急電鉄)

この日、見学会でマスコミ向けに披露されたのは、急行線の上部を通る緩行線(各駅停車が走行する線路)トンネルの工事現場だ。

地下の深部を通過する急行線トンネルは、下北沢~世田谷代田間においてシールドマシンと呼ばれる掘削機で掘り進める工法で行われた。一方、現在工事中の地上から比較的浅い位置を通過する緩行線トンネルは地上から開削して構築し、埋め戻す工法が採られているという。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy