ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

わずか4センチ!空中に放るだけで飛ぶ超ミニドローン「Jet Jat Ultra」はカメラも搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドローンって操作が難しそう。そう思いつつも挑戦してみたいという願望を持つ人に格好のファースト・ドローンが登場した。

わずか4センチほどの「Jet Jat Ultra」。自動離陸・着陸機能を持ち、誰でも操作ができるのが売りだ。

・ワンタッチでホバリング

小型ドローンはいくつか展開されているが、Jet Jat Ultraは「超」がつく小ささで、重さもわずか18グラム。まるでおもちゃのようだがきちんと飛行し、内蔵するカメラで撮影もできる“ホンモノ”だ。

ドローンの楽しさを多くの人に味わってもらいたい、と開発元が注力したのが操作の簡易化。まず離陸については、ユーザーが手のひらにJet Jat Ultraを乗せ、空中に放ると飛び立つようになっている。

また、ワンタッチで離陸、着陸、ホバリングもできる。専用のコントローラーのほか、アプリ(iOS、Android)をダウンロードしたスマホでも操作可能だ。

・自撮りにも最適

ただ飛ばすだけでも楽しいが、Jet Jat Ultraでは撮影ができるのもポイント。解像度は680×480とさほど高くはないが、日常で遊べるレベルではある。

コンパクトなので持ち運びもしやすく、例えば屋外でバーベキューをしている家族写真の撮影や、ビーチでの友達との自撮りなどにJet Jat Ultraを活用する、といったことができそうだ。

1回のフル充電で4〜5分飛行し、飛行レンジは最大25メートル。値段的にも、クラウドファンディングサイトIndiegogoでは50ドル(約5100円)〜と、手にしやすい設定になっている。

日本へもプラス5ドル(約500円)で発送してくれるので、ドローンで遊んでみたい、と思っている人はチェックしてみてはいかが。出資期限は7月14日。

Jet Jat Ultra/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP