ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平松政次氏 山田哲人には長嶋氏との対戦で用いた配球が有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)の平松政次氏は、長嶋茂雄氏が最も苦手にした投手で、「カミソリシュート」で何本ものバットをへし折った。昨年のトリプルスリー達成に続き、今年も絶好調のヤクルト・山田哲人の勢いを、平松氏ならどう封じるか。

 平松氏は「山田は選球眼がよく、リストが本当に強い」と最大限の賛辞を送りつつ、「全盛期のボクのシュートならまず打てないだろう」と断言する。

「ストレートと変わらない150キロ台の球が、バッターに向かって食い込んで来るんだから手こずるに決まってる。当時、大打者・山内一弘さん(毎日、阪神ほか)がシュート打ちの名人といわれたが、僕のシュートには詰まりながらレフト線に落とすのが精一杯だった。オールスターで南海の野村克也さんとも対戦したが、シュートはいい当たりでもファウルになっていたね」

 山田を仕留めるには、長嶋氏との対戦で用いた配球が有効だと考えている。

「長嶋さんの時もそうだったけど、山田には1球目からシュートを投げる。あのシュートが頭にあれば、腰が引けてアウトコースの速球に強く踏み込むのは難しいでしょう。長嶋さんはシュートが頭から離れず、5番打者の柴田勲さんに『キャッチャーがインコースに構えたらウェイティングサークルでバットをコンコンと鳴らしてくれ』と頼んだほど。そこまで意識させれば、どんな強打者相手でも投手が有利ですよ」

 ただし、この強気な発言も「山田が右バッター」だからだという。

「右打者の手元に食い込むのが僕のシュートだからね。左打者にはそれほど有効じゃない。山田が左だったら? 抑えるのは厳しい。勝負しませんよ(苦笑)」

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
野村克也氏 長嶋攻略法が最後まで分からなかったと今明かす
野村克也氏 「長嶋茂雄の攻略法は最後まで分からなかった」
苦手な平松政次との対戦 長嶋茂雄がおかしな打ち方した理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP