ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笑点「消去法司会」昇太 ツッコまれ放題でパワーアップも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「大本命・円楽」の下馬評を覆し、『笑点』新司会者に選ばれた春風亭昇太(56才)。発表会見では「消去法」だったと紹介され、大喜利でも「消去法で選ばれた司会者なんて、嫌だ」といじられたが、初司会の回はなんと視聴率28.1%。1996年に現在の放送時間(毎週日曜午後5時30分~6時)になって以来、最高記録を叩き出した。

 この大胆な起用法。諸先輩方からの反発が、さぞかし大きかったのではと思いきや…福田一寛プロデューサーが明かす。

「私を含めたプロデューサーや演出陣から“ちょっとお話があるんです”と切り出すと、皆さんは少し不安な表情をされたように見えました。自分が司会者になるかもしれないというよりは“もしかしてクビ?”“回答者を後進に譲ってほしいと宣告されるのかも”と思っていたのかもしれません。あくまでぼくの主観ですが(笑い)」

「現笑点メンバー以外から選ばれるのでは?」という報道も一部であったが、「現笑点メンバーもそれ以外のかたも問わず、いろいろな可能性を考えた結果、昇太さんに決定しました」(福田さん)というから、“落下傘”司会者もあり得たのかもしれない。

「ぼくは2015年12月から笑点のプロデューサーになったんですが、それまでは一視聴者として『次の司会は円楽さんだな』と思っていました。でも、番組にかかわるようになると、円楽さんは表で仕切るのもうまいし面白いが、“腹黒キャラ”として回答するほうが、もっと面白いし、余人をもって代え難い。小遊三さんには下ネタがあるし、木久扇さんのボケ回答は捨てがたい。好楽さんの“貧乏・つまらない”自虐も必要。そうやってあらゆる人をシミュレーションしていくと、対応力が高い昇太さんの場合が最も適しているのでは、と思いました」(福田さん)

「消去法」って、本当だったのか…。しかし『笑点』をこよなく愛するコラムニストのペリー荻野さんは、昇太の司会について「ずっと“アリ”だと思っていた」そうだ。

「10年くらい前に『BS笑点』で若手落語家の大喜利で司会をしていたんですが、すごくうまかった。司会には全体をまとめて、誰に対してもちゃんと返せる才能が必要。昇太さんはBSの頃から見込まれていたんじゃないかな」(ペリーさん)

 昇太のテンポのいい司会ぶりは大好評で、高視聴率に大いに貢献しているのは確か。

「歌丸さんは初期メンバーで重鎮だからみんなリスペクトしていたけど、昇太さんに対しては回答者がツッコミ放題。嫁がいない話で延々といじるわ、歌は歌うわ踊りだすわ。今後も昇太さんと回答者のやりとりがどんどんパワーアップしていくでしょうね」(ペリーさん)

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
「春風亭昇太を笑点司会に推薦した理由」桂歌丸が明かす
落語が本業の『笑点』メンバー 高座が一番面白いのは誰か
『笑点』司会人事 歌丸、円楽、昇太の3人が隠し通せて満足気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP