ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀歯のリスク 虫歯の温床化や水銀が溶け出す怖れも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本では長く「歯を削って銀歯を詰める」という虫歯治療がスタンダードとされてきた。しかし銀歯治療には「負の連鎖」も指摘されている。簡単に整理すると、以下のような流れだ。「銀歯治療」→「健康な歯まで大きく削る」→「歯の容積が減る」→「虫歯菌が歯根に到達」→「神経を抜く」→「歯の寿命が短くなる」→「抜歯」。さらに、銀歯には、広く知られていないリスクもある。以下、列挙する。

●銀歯が虫歯の“温床”になる
 いわゆる「銀歯」と呼ばれているのは、主に金銀パラジウム合金を指す。これを歯に接着させるためにセメント剤を使用していた。実はこのセメント剤が経年劣化して流れ出し、歯と銀歯の間に隙間を作ってしまい、そこが虫歯の温床となっているケースが少なくない。

 歯にすっぽりと被せる「クラウン」と呼ばれるタイプでは、本人が気づかぬまま、銀歯の下で虫歯が進行していくこともある。

 銀歯は、歯科クリニックで型を取り、それを外部の歯科技工士が金銀パラジウム合金で作成する。そのため、歯科技工士の技術によって、ぴったり合う銀歯なのか否かが、大きく左右される一面がある。

 銀歯の隙間に発生する虫歯は「二次カリエス」と呼ばれていて、歯医者なら誰でも知っているリスクである。しかし、患者にそれを伝える歯医者はほとんどいない。

●“丈夫な銀歯”が健康な歯の寿命を縮める
 銀歯にも利点があるという歯科医は、今でも意外と多い。保険治療なので費用負担が軽いのはもちろんだが、必ずといっていいほど“金銀パラジウム合金は丈夫で長持ちする”と説明される。

 だが、この金銀パラジウム合金は、天然の歯よりも硬い。その結果、噛み合わせで対になる天然の歯を痛めてしまい、最悪の場合は破損することもある。銀歯自体がいくら丈夫でも、健康な天然の歯を失ってしまうのなら、本末転倒ではないか。

●口中の「水銀」リスク
 今年4月から保険適用を外れた材料が、“第二の銀歯”ともいわれている「アマルガム」だ。成分は、銀、スズ、銅、亜鉛、そして50%の無機水銀で、グレーに近い色をしている。

 比較的小さめの虫歯に充填剤として使用されてきたが、水銀のリスクについてはほとんど知られていない。口の中のアマルガムからは、微量の水銀が溶け出しているため、健康被害が危惧されてきた。

 アマルガムを除去することで、金属アレルギーや、 怠感、頭痛、肩凝り、記憶障害などの回復したケースが各地で報告されている。ただ、因果関係は立証されていないため、いまだに歯医者の間で議論が分かれたままだ。

 注意すべきは、昔入れたアマルガムを取り除くことを選択した場合、除去する施術の際に水銀が蒸気となって発生し、削りカスにも水銀が含まれる可能性が高いことだ。したがって十分な対策を取っているクリニックを選ぶことが必要になる。

 もちろん、どんな治療であってもリスクはゼロにならない。ただ、考えさせられるのは「銀歯」の代替となる有力な選択肢を多くの歯医者が患者に示していないことだ。

●レポート/岩澤倫彦(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2016年7月8日号

【関連記事】
最後は抜歯まで行き着く「銀歯治療」の負の連鎖
「歯がいい人はボケにくい」との現実や歯の最新治療法を解説
大人の虫歯 だらだら食べやコーヒー・緑茶の過剰摂取に注意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP