ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の浴衣 一番人気はどんな柄?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
今年の浴衣 一番人気はどんな柄?

J-WAVE月曜−木曜の朝9時からの番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコーナー「J’S RESEARCH」。毎回、J-WAVEの会員サイトJ-meを通じたアンケートで、世の中のトレンドを探っています!

6月30日(木)のオンエアでは、明日からいよいよ7月に突入ということで「今年の夏、着たい浴衣」をリサーチ。今回は3,611名(有効回答数)のリスナー会員に調査を実施したところ、次のような結果になりました。

1位 「格子、幾何学模様などの古典柄」 …33%
今年の浴衣のトレンドでもある古典柄は、男女ともに支持を集めました。格子柄や幾何学模様などは、伝統的な美しさを感じますよね。

2位 「朝顔や紫陽花などの花柄」 …26%
こちらは女性では40%を集め一番人気でした。特に今年は、華やかさの中に上品さを持つ「はんなり」をキーワードに、朝顔や椿柄が人気のようです。

3位 「黒、紺などの無地」 …22%
男性に一番人気だったのがこちらの無地。シンプルな無地を粋に着こなしている男性はかっこいいですよね! 無地といっても色や生地にこだわったり、帯で遊んだりアレンジは自由です。

そのほか、4位に入ったのが昨年から人気になっている、ドットやストライプなどのレトロなモダン柄が11%。そして年齢問わず女性から普遍的な支持がある「金魚柄」が8%で5位でした。

毎年欲しくなる浴衣ですが、「花火大会や夏祭り以外でどこで着ればいいの?」と思われる方も多いかもしれません。そこで、これから行われる「ぜひ浴衣で出かけてほしいイベント・スポット」も紹介しました。

■ISETAN BONDANCE 2016
伊勢丹新宿店の本館屋上で、毎年開催されているイベント。今年は7月1日(金)から3日間に渡ってスペシャルな企画満載で行われます。特に注目なのは、ファッションデザイナーの山本寛斎さんや丸山敬太さんプロデュースによるオリジナリティあふれる「盆踊り」。各日に登場する豪華ゲストも見逃せません!

■ECO EDO 日本橋 2016 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜
日本橋エリアで夏に開催されている恒例イベント。江戸時代、日本橋で実際に行われていた涼を取る生活の知恵や工夫を“現代風”にアレンジした、さまざまな催しが街中で楽しめます。特に注目は「アートアクアリウム誕生 10周年記念祭 ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2016 〜江戸・金魚の涼〜 & ナイトアクアリウム〜」。そしてこの「ECO EDO」には浴衣特典がたくさん! 例えば、浴衣を着ていくだけで日本橋のお店167店舗で1ドリンクサービスやプレゼントがもらえたりします。日本橋を浴衣で散歩しましょう!

■東京湾納涼船
ここ数年、この時期になると、浜松町前で浴衣を着たたくさんの方を見かけると思います。それは東京湾納涼船が出航する竹芝客船ターミナルがあるため。大型客船に乗って東京湾のキレイな夜景を楽しむことができる、夏恒例の人気イベントです。こちら、“平日”に浴衣を着ていくと大人の男女とも1,000円OFFに。かなりお得ですね!

今年の夏は浴衣を粋に着こなして、ぜひいろんなイベントに足を運んでみてください♪

【関連サイト】

「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

メガネデザイナーが伝授 「似合うメガネ」を選ぶコツ(2016年06月22日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/post-1808.html

着物スタイリストに聞く 浴衣でやってしまいがちな間違い(2015年06月29日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/06/post-1063.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。