体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“西加奈子”書き下ろし、「恋わずらい」を描いた切なすぎる動画公開

軽井沢高原協会動画.mp4_000130726_main
2004年に「あおい」でデビューし、2015年には「サラバ!」で、第152回直木三十五賞を受賞した作家“西加奈子”さんが、軽井沢高原教会に寄せて、ショートストーリー『あなたのからだ』を書き下ろした。そのストーリーを元に制作したオリジナルムービーを、6月28日(火)からWeb限定で公開開始しする。
本動画は、「いい恋って、なんだろう。」をコンセプトに書き下ろされた作品となっており、“病という冠がついているけれど、恋わずらいはきっと、未来のある病だ。”といった表現など普段の小説とはちょっと違ったもうひとつの西加奈子ワールドを楽しめる内容となっている。美しい映像と共に、心に響く言葉の数々をぜひ楽しもう。

軽井沢高原協会動画.mp4_000006212軽井沢高原協会動画.mp4_000028445
軽井沢高原協会動画.mp4_000031047
軽井沢高原協会動画.mp4_000081320
軽井沢高原協会動画.mp4_000088642
軽井沢高原協会動画.mp4_000116713
『あなたのからだ』 西加奈子
その人を思うと胸が苦しくて眠れなくなる、
食欲がなくなってしまう、
泣きたくないのに涙が出てくる。
それを過去の先輩たちは「恋わずらい」と名づけた。
病という冠がついているけれど、
恋わずらいはきっと、未来のある病だ。
眠れなかったあの夜も、溢れてきた涙の温度も、
知らぬ間にあなたのからだに蓄積されている。
あなたは覚えていなくても(忘れたくても!)
からだが覚えている。
淘汰されてしまった思い出を、
病特有のしつこさで、ずっと記憶している。
恋の記憶を孕んだあなたのからだは、空っぽのそれより強い。
痛みと、甘やかさと、たくさんの涙と熱で出来たあなたのからだを、愛そう。
それは世界でたったひとつの美しさだ。
過去のあなたが用意してくれた、あなただけの美しさなのだ。

 

また、西加奈子さんに“どのような20代を過ごしてきたのか?” “憧れる恋愛とは、どのようなものなのか?” “恋にひたれるその時期に、どんな恋愛をしておくとよいか?”といった本ムービーの「いい恋って、なんだろう。」をテーマに特別インタビューを行った。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。