ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファレルが『セサミストリート』で読書の大切さを歌う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ファレル・ウィリアムスが子供向けテレビ教育番組『セサミストリート』に出演し、同番組のキャラクターであるエルモとクッキーモンスターに対し、本を読むことでどこにでも行け、何にでも出会えることを教えた。

 同番組の新しい映像にて、グラミー賞受賞プロデューサー/ソングライターでアーティストのファレルは、「B is for Book」(BはBookのB)という曲を歌いエルモとクッキーモンスターに読書の大切さを教えている。軽快なリズムにのった同曲でファレルは、「どこへでも行けるよ/椅子から立ち上がらなくても/読書することでね」などと歌っており、本を読むと想像の旅ができると説いている。

 昨年には、その名も“Happy”という子供向けの絵本を手掛けたり、低所得家庭の子供たちに5万冊の本を寄付しているファレル・ウィリアムス。そんな彼が人気のマペット・キャラクターと一緒に歌う様子は、現在YouTube上で視聴できる。

◎Sesame Street: B is for Book (with Pharrell Williams)
https://www.youtube.com/watch?v=2DhSk2mHtHo

関連記事リンク(外部サイト)

全ての子に読書の喜びを……ファレル、低所得家庭の子供たちに5万冊寄付へ
ファレル、“Happy”をはじめに子ども向け絵本出版へ
著作権侵害の評決を受け、ファレルがエンタメ業界に警笛

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP