ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【婚活NG男!】それは違うっ!!と思う「出会い始めアプローチ3選」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

合コン・街コン・婚活パーティ。さらにはマッチングサイトや、男女を同席させ、出会いを演出する居酒屋さんの登場など…最近は、さまざまな“出会い方”があります。

 

ところが、女性に出会ってはいるのに“なぜかデートまでこぎつけられない”もしくは“数回デートをしたら振られてしまった…”そんな悩みをもつ、そこのアナタ!もしかして、こんなアプローチをしてしまっていませんか?!

 


週刊プレイボーイ/週プレ
結婚に向けて立ち上がった!!!婚活…
Fujisan.co.jpより

1.そもそも出会った日の印象が良くない

新しい女性に出会ったとき、どんな風に連絡先を聞きましたか?(とにかく今日中に連絡先は聞いておかないと!)と、ガンガン自分の話だけをして「今度ご飯でも行きましょうよ!」と強引に連絡先を聞く。それでは聞かれた女性は勢いに負け、とりあえず連絡先を教えてはくれますが心の中ではシャットアウトです。

 

ビジネスの世界でも、円滑なコミュニケーションのコツは『話す3割、聞く7割。』というほど。

 

彼女がどんなことに興味があるのか、どんな人なのか、いろいろと本人から情報を仕入れてから話をした方が、共通点が見つかります。思わず話が盛り上がったり、好印象につながったりするかもしれませんよ。

 

2.LINEでのアプローチがめんどくさい

返事が来ていないうちに追い打ちをかけるようにスタンプを送ったり、食べたものの写真を送ったり…

 

(放っておいたら他の男にアプローチされてしまうかもしれない!)と、相手と頻繁に連絡を取っていたい気持ちも分かります。しかしまだ、二人はお付き合いしているカップルではありません。

 

出会って連絡先を交換したら、二人きりではなく「この前楽しかったからまたみんなで飲もうよ!」が円滑ですね。

 

そして次回のデートが決まったら、会う日までの連絡はほどほどに。

 

例えば、映画の予告は短くて、見るまでにストーリーを想像するからワクワクしますよね!

二回目のデートで顔を見てお話する前は、やりとりをしすぎず、本編(実際のデート)までのワクワク感を楽しみましょう!

 

3.押して、押して、さらに押すのでは芸がない!

連絡先を聞いて、デートをして、その後毎日連絡を取って…(このままいけば付き合えるかも!!)と、思ったところで、相手の反応が悪くなったことありませんか?

 

ベタですが、押して、押して押されるよりも、押して、押して引かれると(あれ、なんか急に連絡ないけど忙しくなったのかな?)と、彼女も気になるもの。彼女が自発的にアナタのことを思い出す時間=『好き』の第一歩!

 

どんどん畳み掛けるように連絡してしまっては、もったいないですよ!!

 

 

いかがでしたか?全女子に好かれるなんて、どんなモテ男にも成せぬワザ。しかし、あまりにも連敗続きならそれはアナタに原因があるのかも?!

 

夏はすぐそこ!素敵な恋人をGETして、楽しい季節を過ごしてくださいね!

 

 

< 取材・文 / 男子力アップコンサルタント 舞 >

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP