ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『じゃらん』2016年夏休みの国内旅行動向のまとめを発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『じゃらんnet』上における夏休み期間(2016年7月16日(土)~8月31日(水))の宿泊予約状況、ならびに夏の国内旅行に関するアンケート結果より夏休みの国内旅行の動向についてのまとめを発表します。

夏休みの旅行計画時期

「GWごろ(5月以降)」が44.2%ともっとも多く、 次いで「春ごろ(3月以降)」(25.0%)、「今年の年始に」(10.7%)。旅行検討者の約50%が旅行計画を、夏休みの3カ月以上前から行っており、早期化傾向がうかがえます。

夏の国内旅行の予定計画時期(アンケート結果)

アンケート結果では夏休みの旅行について、「昨年の夏終わりから秋」から「春ごろ(3月以降)」までに計画した人は計50.9%と約半数を越える。一方、「GWごろ(5月以降)」は44.2%となり、旅行計画・予約は、早期化と約一カ月前の二極化傾向にあると考えられます。

近年、訪日外国人の増加から、東京や大阪をはじめとする国内主要都市は宿泊予約が直前になると取りづらいことや、宿泊施設が早期予約用の通常よりも安価なプランを販売することが多く、今後もますます早期の計画・予約は増加していくと考えられます。

夏休みの旅行同行者&交通手段

● もっとも割合が高いのは「夫婦二人での旅行」で20.3%。

● 「一人旅」は15.6%。中でも男性20代、30代、50代は25%以上、約4人に1人が実施予定と高い傾向。

夏休み旅行の同行者(アンケート結果)

アンケートで夏休み旅行の同行者を尋ねたところ、「夫婦二人での旅行」が全体で20.3%ともっとも高く、次いで「一人旅」(全体:15.6%)、「小学生以下の子連れ家族旅行」(全体:15.4%)となりました。「一人旅」は、男性20~50代において約25%が占め、若者だけではなく中高年世代においても夫婦旅行よりも多い結果となりました。

夏休み旅行の交通手段(アンケート結果)

アンケートで夏休み旅行の交通手段を尋ねたところ、「自家用車」が全体で40.5%ともっとも高い結果に。また、遠方のエリアへ旅行する人が多いことから、飛行機を使う人も25%超という結果となりました。

夏休みの人気旅行先ランキング(人泊数)

夏休みの人気旅行先は前年とほぼ変わらず、「北海道」「沖縄県」「東京都」が不動のTOP3。


同行者別* 旅行動向と人気エリア(予約件数)

● カップル・夫婦、男性グループは北海道の「札幌」、ファミリーは千葉県の「舞浜・浦安・船橋・幕張」、女性グループは「福岡市(博多駅周辺・天神周辺)」と、同行者別で異なる結果に。

● 北海道新幹線開業で湧く「函館・大沼・松前」がカップル・夫婦、男性グループにおいて、前年度よりも順位を上げTOP10にランクイン。

※カップル・夫婦、ファミリー、男性グループ、女性グループごとに算出。また男性グループ、女性グループは2名以上で算出。

カップル・夫婦での人気旅行先


ファミリーでの人気旅行先


男性グループでの人気旅行先


女性グループでの人気旅行先


この夏の旅行、編集長の注目トピックス

【『北海道じゃらん』編集長 吉田 慎吾の注目トピックス】

北海道新幹線の開業により函館エリアの人気が高まっています。この夏は、函館駅では北海道各地のうまいものが一堂に集まる大型グルメイベントの開催をはじめ、新函館北斗駅や木古内駅でもイベントを予定しており、周辺市町村でも賑わいを見せております。

さらに、函館七飯ゴンドラ(七飯町)では、今シーズン8年ぶりに「サンセットスカイクルージング」を復活し、羊蹄山やニセコ連峰などを見渡す贅沢な夕日を堪能できるようになります。

北海道全域でみても、今年は定山渓温泉(札幌市)が開湯150周年、洞爺湖温泉(洞爺湖町)は開湯100周年と人気温泉地がメモリアルイヤーを迎えています。それぞれのエリアで記念イベントや宿泊キャンペーンなどが開催され、注目が高まっています。

【『関東・東北じゃらん』編集長 森田 拓朗の注目トピックス】

開業15周年を迎えた人気テーマパークを中心に、夏はイベントが目白押し。また静岡は、海水浴やマリンスポーツの需要で伊豆を中心に毎年人気が高く、近年は、熱海市が行っている観光プロモーション「意外と熱海」で、これまで知られていなかった熱海の魅力に注目が高まっています。

東北エリアを見てみると、仙台もイベントが盛りだくさん。まずは、毎年200万人を動員する東北を代表する夏祭り「仙台七夕まつり」を筆頭に、石巻市で大型の野外音楽フェスが開催されるとあり、特に若者が多く訪れることが予想されます。

【『東海じゃらん』編集長 西 尚子の注目トピックス】

今春、名古屋駅前ビルの大規模リニューアルオープン。また、今年6月には名古屋駅直結の新タワービルがオープンし、人気エリアとなっています。名古屋市郊外にある複合型マリンリゾートでは、今年7月からVR(バーチャルリアリティ)を導入したアトラクションがスタートし、子どもから大人まで楽しめるスポットとして魅力が高まります。

また、夏の風物詩ともいえる若者に人気の野外フェスが知多エリアの篠島で開催されます。さらに、今年の5月に伊勢志摩サミットが開催され、宿泊施設のニューオープン・リニューアルも相次ぎ、エリア自体の注目が高まっています。岩牡蠣やウニ、アワビなどが旬を迎えるのをきっかけに、この夏に訪れてみてはいかがでしょうか。

【『関西・中国・四国じゃらん』編集長 長田 佳子の注目トピックス】

大阪は、開業15周年を迎えた人気のテーマパークで今春オープンした新アトラクションが大人気。夏は人気アイドルグループのステージ公演、少年マンガ誌とのコラボイベント、参加型のショーなど、常に新しい取り組みが幅広い世代に支持されています。また、昨年11月に開業した商業施設に巨大観覧車が登場したり、現在放送中のNHK大河ドラマの影響で大阪城にも再び注目が集まっています。

兵庫は、いま話題のグラマラスなキャンプが楽しめる「グランピング」施設と、バーベキュー施設・プール・ホテルを持つ複合リゾート施設が今年7月にオープンすることもあり、グループ旅行にもオススメです。

【『九州じゃらん』編集長 長田 佳子の注目トピックス】

福岡は博多駅周辺の相次ぐ商業施設のオープンラッシュ、天神地区のファッションビルリニューアルで、九州エリア内では若い女性を中心に注目のエリアです。また、今夏に人気アーティストのライブが立て続けに開催予定。中でも男性アイドルグループのライブが女性グループの人気旅行先1位をけん引したのではないでしょうか。

さらに、7月1日より九州観光推進機構による九州観光復興キャンペーン「九州ふっこう割」がスタートします。『じゃらんnet』をはじめとする旅行サイトや旅行代理店にて、旅行代金が最大3万円安くなるクーポンを発行するため、関東圏・関西圏をはじめ、全国各地からの旅行者増加も予想されます。

【『じゃらんnet』 国内宿泊旅行動向抽出条件】・2016年6月14日(火)時点での予約人泊数実績をもとに前年同時期比で算出。※チェックアウト日ベース

・対象期間: 2016年7月16日(土)~8月31日(水)

・国内旅行:国内宿泊、ANAじゃらんパック、JALじゃらんパック、インバウンド

※レジャー予約のみ(1室利用人数1名予約は除く)

【夏の旅行に関するアンケート】

アンケート期間:2016年6月10日(金)~6月12日(日)

対象:全国20~69歳の男女

有効回答数:1,000件

調査内容:2016年の夏休み期間(2016年7月16日(土)~8月31日(水))における1泊以上の国内旅行について

調査方法:インターネットによるアンケート

関連記事リンク(外部サイト)

新アトラクションや花火をチェック!テーマパークで昼も夜も遊びつくす!【東海】
2015年度の1年間に顕著な実績をおさめた宿泊施設「じゃらんアワード2015」 関東・甲信越ブロック発表!
全部ハズレなし!地元民がオススメするご当地の美味しいお土産ベスト10【群馬県編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP