体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『じゃらん』2016年夏休みの国内旅行動向のまとめを発表!

『じゃらん』2016年夏休みの国内旅行動向のまとめを発表! 20160629_natsuimages

『じゃらんnet』上における夏休み期間(2016年7月16日(土)~8月31日(水))の宿泊予約状況、ならびに夏の国内旅行に関するアンケート結果より夏休みの国内旅行の動向についてのまとめを発表します。

夏休みの旅行計画時期

「GWごろ(5月以降)」が44.2%ともっとも多く、 次いで「春ごろ(3月以降)」(25.0%)、「今年の年始に」(10.7%)。旅行検討者の約50%が旅行計画を、夏休みの3カ月以上前から行っており、早期化傾向がうかがえます。

夏の国内旅行の予定計画時期(アンケート結果)

夏の国内旅行の予定計画時期

アンケート結果では夏休みの旅行について、「昨年の夏終わりから秋」から「春ごろ(3月以降)」までに計画した人は計50.9%と約半数を越える。一方、「GWごろ(5月以降)」は44.2%となり、旅行計画・予約は、早期化と約一カ月前の二極化傾向にあると考えられます。

近年、訪日外国人の増加から、東京や大阪をはじめとする国内主要都市は宿泊予約が直前になると取りづらいことや、宿泊施設が早期予約用の通常よりも安価なプランを販売することが多く、今後もますます早期の計画・予約は増加していくと考えられます。

夏休みの旅行同行者&交通手段

● もっとも割合が高いのは「夫婦二人での旅行」で20.3%。

● 「一人旅」は15.6%。中でも男性20代、30代、50代は25%以上、約4人に1人が実施予定と高い傾向。

夏休み旅行の同行者(アンケート結果)

夏休み旅行の同行者

アンケートで夏休み旅行の同行者を尋ねたところ、「夫婦二人での旅行」が全体で20.3%ともっとも高く、次いで「一人旅」(全体:15.6%)、「小学生以下の子連れ家族旅行」(全体:15.4%)となりました。「一人旅」は、男性20~50代において約25%が占め、若者だけではなく中高年世代においても夫婦旅行よりも多い結果となりました。

夏休み旅行の交通手段(アンケート結果)

夏休み旅行の交通手段

アンケートで夏休み旅行の交通手段を尋ねたところ、「自家用車」が全体で40.5%ともっとも高い結果に。また、遠方のエリアへ旅行する人が多いことから、飛行機を使う人も25%超という結果となりました。

夏休みの人気旅行先ランキング(人泊数)

夏休みの人気旅行先は前年とほぼ変わらず、「北海道」「沖縄県」「東京都」が不動のTOP3。

夏休みの人気旅行先ランキング

同行者別* 旅行動向と人気エリア(予約件数)

● カップル・夫婦、男性グループは北海道の「札幌」、ファミリーは千葉県の「舞浜・浦安・船橋・幕張」、女性グループは「福岡市(博多駅周辺・天神周辺)」と、同行者別で異なる結果に。

● 北海道新幹線開業で湧く「函館・大沼・松前」がカップル・夫婦、男性グループにおいて、前年度よりも順位を上げTOP10にランクイン。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy