ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

落ちすぎるクレンジング剤は危険!?合成界面活性剤フリーで、肌のバリア機能を守る

DATE:
  • ガジェット通信を≫


いつの間にか敏感肌、アトピー肌、アレルギー体質etc.これらは、もしかしたら合成界面活性剤が含まれているクレンジング剤や洗顔料の使い過ぎが原因かもしれません。水と油は混ざらないので界面活性剤は必要です。また強い汚れを落とすには、強い合成界面活性剤が必要になります。落としすぎることで肌のバリアが壊れ、敏感肌が生まれてしまいます。これは、お肌のたんぱく質までも溶けだしてしまうからなのです。界面活性剤にもいろいろあるので、天然由来のものを使っているものを選びましょう。

どんなものに含まれているの?

合成界面活性剤入りのものは身近にたくさんあります。クレンジングや洗顔料以外にもシャンプー、リンス、台所洗剤などにはかなり強いものが入っています。お掃除や食器洗いをする場合には、必ずビニール手袋で手を防御してから行いましょう。

表示を見る習慣をつけましょう

シャンプー、リンスなどの表示はチェックしていますか?天然由来のものは大豆レシチン、カゼイン、サポニンなどがありますね。その他合成界面活性剤にもいろいろありますが、特に石油系界面活性剤は要注意です。自分のお手元にある表示をチェックして検索をすると、成分がどれにあたるのかすぐわかりますので、一度調べてみるといいと思います。

ケア用品は天然成分のものだけで落ちるものを

そもそも、強いクレンジング剤が必要なものをお肌につけていること自体が問題です。崩れない化粧品、また強い日焼け止めなどは、天然成分のみでできたクレンジング剤では落ちません。結果、石油系の合成界面活剤が入ったものを選ばざるを得ない状況になるのです。

夏の終わりにお肌がごわついたりカサカサしてくるのは、紫外線や日焼けが原因ではなく、落としているものが原因ということもあるのです。

とっても危険なミネラルオイル

ミネラルオイルって聞くと、いかにもお肌によさそうですよね。実はこれ、石油由来の鉱物油です。石油をお肌に塗っていると思えばわかると思いますが、これでクレンジングすればよく落ちるのは当たり前です。一番最初にミネラルオイルを書いてあるものは、避けるようにしたほうがいいでしょう。ちなみにベビーオイルはミネラルオイルが主成分です。お肌にいいわけがありませんね。

安心できるものを

表示を見て選ぶクセをつけましょう。少しでも気をつけることで10年後、20年後が変わってきます。お肌のバリアの回復のために意識して選んでくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

入れるだけダイエット!体内を燃焼モードにする「パワースパイス」3選
これを知ってれば近道!マシュマロヒップのつくり方♡~おしりの筋肉のはたらき~
トレンドカラーを着こなそう!苦手感がでない「ベージュ」の選び方
バストアップに甘い物は禁止?「スイーツを食べるゴールデンタイム」でストレスフリー♪
食べなくても太る!絶対に避けたい「太るライフスタイル」とは

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP